Ref.5004 × Ref.3970

PATEK社がリリースした36mmの直径を持つグランドコンプリケーション。

Ref.3970は2004年ごろ製造中止になり、その後人気も衰えない。
セカンドマーケットでも価格は若干下落傾向であるものの安定した人気を誇っている。

c0128818_347252.jpg


Ref.5004はRef.3970にスプリットセコンドクロノグラフ機構を加えたもの、といえば簡単だが、その分厚いケースが醸し出すプレゼンスは常軌を逸している。

c0128818_3474241.jpg


Ref.3970のサイドビュー、ベゼルはコンケーブ。カーブを描くラグが美しい。
ある種完成されたデザインとはこのことだろう。

c0128818_3475181.jpg


Ref.5004のサイドビューは見る者を圧倒する。
尋常でない厚さは、スプリットセコンドクロノグラフ機構を収納するための産物であるが、理屈ではないなにかを感じてしまう。

c0128818_3475967.jpg


ベゼルはわずかにバブル型で、Ref.3970と比較してもケース本体の厚みはそれほど差異はない。
スプリット機構はムーブメント最背面に配置されるのでグラスバックの裏蓋が厚くなっているのだ。

さらによく見るとラグのカーブがまるで違う造形となっている。
これはベゼルのデザインの違い、厚くなった裏蓋、それらのバランスをとるためにトータルに意匠を決めていったのだろう。
かろうじてカタログモデルにとどまっているが、いま最も入手が難しいモデルの一つである。

  by pp5396 | 2009-07-10 03:56 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://luxurydays.exblog.jp/tb/11914728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< Ref.3990 Bentley Heritag... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE