サントリー美術館

今日は東京ミッドタウンで商談のあとにサントリー美術館で開催されている東洋陶磁のコレクションを見てきました。
c0128818_1322988.jpg

古陶磁の豊かな表情は、Vintage Watchにも通じるものがあります。

もっともRef.2526のダイアルにニュウがあるとガッカリですが、古陶磁の場合は貫入が重要な要素ですから不思議です。
12世紀から16世紀のものが多く、造形や様式が変化して行く様子も楽しめました。

帰りには"とらやカフェ"で一息付き、抹茶の椀に日本を感じた一日でした。
c0128818_1322969.jpg

  by pp5396 | 2012-03-21 13:20 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://luxurydays.exblog.jp/tb/17699060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 青山で撮影がありました PATEK's Glove. >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE