Geneva Auctions.

今日はジュネーブのオークションから興味深いLOTをいくつかご紹介しましょう。

まずC社のハイライトだと思われるRef.2523 ダブルクラウンワールドタイムクロワゾネです。
c0128818_9175780.jpg

かつてTHE ART OF PATEK PHILIPPEの表紙を飾ったのも同じモデルでした。
クロワゾネは有線七宝と訳されますが、非常に美しい工芸品と言っていいと思います。
驚愕のエスティメートは160万CHFから260万CHFとなっています。

またRef.2526の後継モデルであるRef.3428のホワイトゴールドが出品されていました。
このLOTは過去にも出品されたことがある有名なもので、Box、ブレスレット、当時の保証書、ケースのオープナーまでセットになっています。
もちろん時計自体のコンディションも良好の様でした。
c0128818_92994.jpg

ダイアルが希少な陶板となっていて、そのことからもエスティメートは15万CHFから25万CHFと3針のシンプルウォッチとしては桁外れですね。

Vintageではないですが、Ref.3971Eのホワイトゴールドも見ることができました。
やはりArchivesには"3971E"と明記されていました。
c0128818_9353717.jpg

初期型の3970(3971)のWGはかなり珍しいモデルですので思わず腕に置いてみました。
c0128818_938447.jpg


そのほか個人的に好きなモデルはRef.565のセンターセコンドブレゲダイアルです。
c0128818_943854.jpg

ダイアルコンディションには議論の余地はありますが・・・
何より、Cal.12SC、Steel Case、ブレゲダイアル、ブレスレット付きとまさにVintage Sports PATEKの全部入りという感じです。

先日夕食の時にご一緒したA社のスペシャリストJ氏は同じ時計のスモールセコンドモデルを着用していたので、「いい時計だね!」と言うと「そうでしょ!でもセンターセコンドだったら最高なんだよね!」と返してきたので、まさに「その通り!」と同意したところでした。

  by pp5396 | 2012-05-12 09:52 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://luxurydays.exblog.jp/tb/17951777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< Calatrava Auto. Geneva. >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE