The rotor of cal.27-460.

オートマティックムーブメントの銘機、Cal.27-460のローターをご紹介します。
c0128818_1430340.jpg

普段は余り見ることのできるパーツではありませんが18K製でとても美しい造形となっています。

c0128818_1423183.jpg

Cal.12-600ATに比べ軽量化されたとはいえ、充分に肉厚があることがわかります。

縁の部分に開けられた穴は、おそらく回転バランスを取るための調整穴だと思われます。
この様なバランス取りの穴はテンプの裏側にも見られます。
マスがあるためテンプほど繊細でないにしても、できる限り巻き上げ効率を高めるために手を尽くすところは流石にPATEK PHILIPPEですね。
スムーズな回転バランスは軸受けの寿命を長くすることにも寄与していると思われます。

  by pp5396 | 2012-09-13 14:32 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://luxurydays.exblog.jp/tb/18449389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< Archives 到着 Violet sky. >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE