Cal.12-600ATの初期モデル

先日ムーブメントに関するドキュメントを入手したのですが、そのなかにCal.12-600ATに関して興味深い資料がありました。
ご存じのように12-600ATはPATEK社が初めて製造した自動巻ムーブメントです。
美しいデザインのヘビーローターを備え、効率の良い巻き上げ機構と相まって傑作ムーブメントとして知られています。
ムーブメントの心臓部である調速機もジャイロマックス機構が採用され、極めて繊細な歩度調整を可能にしています。

しかし、このムーブメントは最初の数百個には従来のチラネジ式のテンプが搭載されていました。
あるオークションハウスのスペシャリストによれば100個から200個といわれておりましたが、後のリペア時に交換された(ジャイロマックステンプに)個体も見られるため、真偽ははっきりしていませんでした。

今回入手した資料には当初チラネジ式のテンプを搭載したムーブメントは300個だったと記載されています。
c0128818_1202716.jpg

具体的にはNo.760,000から760,299までがチラネジ式だと記載されています。

現実には後年リペアとしてフリースプラング化された個体もあると思われますので、あくまでデーターとして興味深いというお話しです。

  by pp5396 | 2013-08-29 06:13 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://luxurydays.exblog.jp/tb/20673757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< Ref.5004T by On... Ref.3970EJ 2nd. >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE