ある女主人の物語

ここのところ、忙しくPATEK PHILIPPE INTERNATIONAL MAGAZINEが到着していることに気が付きませんでした。
c0128818_22302918.jpg

いつものブラウンの包装です。
表紙はカラフルなデザインでした。
c0128818_22302958.jpg

気になったのは巻末に掲載される、「時計のある人生」という記事です。
スウェーデンの名家の女主人は11人の孫全員に、Ref.96YGを贈ったそうです。
1955年のことですがムーブメントNo.は連番で入れられたということから販売店の助力もあったのでしょう。
驚くべきは、11人の内、最年少は2歳だったという事実です。
現在は60歳となった彼を含め9人が良好なコンディションで時計を保有されているそうです。
c0128818_22302842.jpg

この記事を読みながらVintage Patek Philippeを大切な方に贈る習慣が広まればと思いました。

  by pp5396 | 2013-10-31 22:14 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://luxurydays.exblog.jp/tb/20894284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 一の酉 Ref.3970EP Breg... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE