Driver Watch 1930's Sector Dial

今日はアールデコテイスト色濃い1930年代のドライバーウォッチをご紹介します。
c0128818_17382087.jpg

Ref.402とよばれるこのモデルは過去のオークションにも満足な形で出てきたことがありません。
22mmという幅広のストラップは迫力があります。
マットバーガンディーに生成の糸がクラシックです(^^)
c0128818_17382066.jpg

バックルも当時のオリジナルが付属します。
c0128818_17382149.jpg


ダイアルは所謂Sector Dialで見事な造作のブラックエナメルマーカーとなっています。
Archives申請中です。

  by pp5396 | 2014-12-01 17:28 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://luxurydays.exblog.jp/tb/23149258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Tom at 2014-12-01 21:49 x
うーんこれまたシビれますね。ネットで見ると機械はcal.8とありますが、ref.598に入ってるのとはリューズ位置が違いますね。どうなってるのでしょうか?30年代にこれを手首に付けてクルマを運転してたのはどういう身分の人なのか。そしてどんなクルマなのか。
Commented by pp5396 at 2014-12-02 00:40
これは所謂8型movementという意味で、幾つか種類があったと思います。

こういったエクスクルーシブな時計のオーナーが選ぶ車は、初期のベントレーやブガッティ57SCアトランティック、イスパノ スイザあたりでしょうか?

世界恐慌を生き残った富裕層、新興の資産家が使っていたと思われます。

<< Ref.3800/J 175th Catalog >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE