1日違いのレコード

当時の保証書が付属したref.96を見ていると、保証書の発行日とアーカイブスの発行日に1日のずれがあります。
c0128818_17162614.jpg

この時計はGenevaのサロンで販売された様で、恐らくはファクトリーから入ってきて間も無く店頭で販売され、その後にアーカイブスに記録されたのでしょう。
当時、販売される時計はファクトリー出荷後に本店の国内出荷部門または輸出部門を経てスイス国内外へ向かうはずで、本社管理部門に入った時点でアーカイブスに記録されると思われますから、この1日のずれは興味深いです。

顧客が来店し、ちょうど入荷したばかりの96を求めたのかもしれないと想像すると楽しくなりますね。
顧客「96あるかね?」
スタッフ「現在ご案内できるものはございません」
顧客「◯◯侯爵の紹介なんだが…」
スタッフ「少々お待ちいただけますか?」
顧客「うむ」
スタッフ「たった今ファクトリーから1本だけ入荷してきました、ご覧になりますか?」
顧客「宜しく頼む」
スタッフ「只今保証書をお作りします」
顧客「苦しゅうない」

なんて感じだったかもしれませんね(^^)

  by pp5396 | 2016-08-02 16:52 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://luxurydays.exblog.jp/tb/25865558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< The SUSHI meeting. FILCO Majestouc... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE