Ferrari Factory Tour in Modena

Ferrari Factory Tour in Modenaに参加して来ました106.png

レセプションラウンジで時間まで待たせて頂きました。
c0128818_20011736.jpg
c0128818_20013354.jpg
カップにも跳ね馬が…(^^)

さすがにファクトリーツアーは完全撮影不可で、携帯のレンズにシールされてからスタートします。
しかし工場は驚くべき完璧さで稼働していました。
時間管理されたオートメーションと職人さんの技が高度に融合した風景は感動ものです。
何より全てのスタッフが余裕のある表情で作業を行っていたのが印象的でした。

加工部門ではエンジンブロックやシリンダーヘッドなど切削加工は完全オートメーション化され、巨大なマシニングセンターやNCマシンがたくさん並んでいました。
スタッフは数値管理など品質管理にもっぱら当たっていました。

一方エンジン組み立て部門では1チームが一基のエンジンを組み立てており、V12エンジンのベンチは10基ほどしかありません。
これはマセラティ用のV8エンジンが40基近くのベンチとオートメーションによる部品供給ラインをもつのとは対照的です。

ボディーへの各アッセンブル工程は素晴らしい生産管理とライン管理システムに支えられており、90分毎に車とスタッフごと移動していく仕組みでした。

全て手作業で組み付けられるのかと思いきや、ウインドシールド取付けだけは完全に自動化されていました。
ラインは車種が混在しており、既に最新型の812 superfastもラインオフしていました。

ツアー後はミュージアムも見ることができ、あっという間の3時間でした。
c0128818_20003253.jpg
こちらは亡きEnzo Ferrariのデスク…背後のモニターにはセナの事故直前の映像が…(T_T)
c0128818_20041229.jpg
数々の名車も展示されていました。
c0128818_20053946.jpg

c0128818_20054122.jpg

c0128818_20054370.jpg

c0128818_20054440.jpg

c0128818_20054676.jpg
ツアーにはFXX部門のファクトリー見学も含まれており、その他コレクターに販売された過去のF1マシンの保管棟とともに今は使われなくなったフィオラノサーキットに隣接していました。
素晴らしい体験でしたが、翌日は帰国日のため、ミラノに戻らなければならずホテルに入ったのは真夜中でした。
帰国日の午前中も仕事をこなし、昼過ぎには空港へ向かいました。

  by pp5396 | 2017-10-01 08:43 | Others CARS | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://luxurydays.exblog.jp/tb/27797927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< Just received t... The Parma show >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE