<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

Lecoultre Repeater SplitSecond Chronograph

1833年、アントワーヌ・ルクルトによって設立されたlecoultre社は1866年、ジュウ渓谷におけるマニュファクチュールのパイオニアとして発展していく。

社名は、Lecoultre&Cieとされた。

1930年頃まではPATEK社にムーブメントを供給していたことでも有名である。

特に長い冬に閉ざされる地域性により複雑時計の製作に特色を見いだしていった。

この時計はおおむね、1900年前後に製作された複雑懐中時計、ケースはローズゴールド製だと思われる。

c0128818_3274785.jpg


現在のJaeger-LEcoultre社の正規オーバーホールによってよみがえった機能は恐るべきものだった。

c0128818_3283121.jpg


c0128818_3285431.jpg


ダイアルは焼成エナメル製と思われるが、肉眼でニュウは見られない。

c0128818_3303169.jpg


ミニッツリピーターとスプリットセコンドクロノグラフ、この機械式時計における2大機能を一つのケースに収めることは至難の業と言っていい。

c0128818_330528.jpg


ムーブメントは、ミニッツリピーターをベースとして、その背面にスプリットセコンドクロノグラフの機能を付加しているようだ。

c0128818_3312029.jpg


ハンターケースは、クラウンをプッシュすることで開くことができる。

ミニッツリピーターは一般的なレバー式である。

レバーを引くとジー、という音とともに2つのハンマーが刻を知らせてくれる。

通称「クルクル」と言われる調速機能が搭載され、完成された機構を持っているが、リピーター音は上品で、ケースから想像するよりやや小さい。

おそらくそれだけケースの厚みがしっかりしているのではないだろうか。
一般にはケースが強固であればあるほど共鳴しにくいと言われている。

クロノグラフは2ボタン式となっていて、スプリット機構も完璧な動作を見せる。

特筆すべきは、ケースバックも2重となっていて、外ケースを開くとグラスバックからムーブメントの動作が見える仕様になっていることだ。

c0128818_3321452.jpg


これは明らかに、ムーブメントを見たいというオーナーの要望で購入時に特注されたか、後世の好事家が改造を施したに違いないが、仕上げの美しさからいって前者だと思われる。

オーバーホールに2年近くもかかったというこの時計は、オーナーの元で幸せな刻を刻んでいくのだろう。

人生の節目でリピーターを鳴らすとき、時の流れはどう感じられるのだろうか。

  by pp5396 | 2009-07-24 03:32 | Others Watches | Trackback | Comments(0)

Ref.3990

Ref.3970のダイヤベゼルモデルであるRef.3990は、非常に製作された数が少ない。

c0128818_1825080.jpg


現代の時計に比して、36mmと小振りなサイズはダイヤベゼルを組み込むには少し小さかったのかもしれない。

c0128818_183339.jpg


まず一般に出回ることはないモデルである。

PATEK社の戦略、ユーザーの好みともにアメリカ市場をターゲットにしていると思われる。

この個体は針がルミノールとなっていてスポーティな印象を受ける。

c0128818_183302.jpg


ムーブメントはレマニア製をベースにした27系を採用していた。

PATEK社は顧客の要望に応じて細やかなバリエーションを製作していたこともあるのでリーフハンドのものやバトンハンドのものもあるかもしれない。

c0128818_1842917.jpg


イエローゴールド製のものは、およそPATEKらしからぬ迫力がある。

c0128818_1852818.jpg


こちらはおそらくプラチナ製。

現代の時計とは一線を画すこのモデル、華やかな印象である。

  by pp5396 | 2009-07-17 18:05 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(2)

Ref.5004 × Ref.3970

PATEK社がリリースした36mmの直径を持つグランドコンプリケーション。

Ref.3970は2004年ごろ製造中止になり、その後人気も衰えない。
セカンドマーケットでも価格は若干下落傾向であるものの安定した人気を誇っている。

c0128818_347252.jpg


Ref.5004はRef.3970にスプリットセコンドクロノグラフ機構を加えたもの、といえば簡単だが、その分厚いケースが醸し出すプレゼンスは常軌を逸している。

c0128818_3474241.jpg


Ref.3970のサイドビュー、ベゼルはコンケーブ。カーブを描くラグが美しい。
ある種完成されたデザインとはこのことだろう。

c0128818_3475181.jpg


Ref.5004のサイドビューは見る者を圧倒する。
尋常でない厚さは、スプリットセコンドクロノグラフ機構を収納するための産物であるが、理屈ではないなにかを感じてしまう。

c0128818_3475967.jpg


ベゼルはわずかにバブル型で、Ref.3970と比較してもケース本体の厚みはそれほど差異はない。
スプリット機構はムーブメント最背面に配置されるのでグラスバックの裏蓋が厚くなっているのだ。

さらによく見るとラグのカーブがまるで違う造形となっている。
これはベゼルのデザインの違い、厚くなった裏蓋、それらのバランスをとるためにトータルに意匠を決めていったのだろう。
かろうじてカタログモデルにとどまっているが、いま最も入手が難しいモデルの一つである。

  by pp5396 | 2009-07-10 03:56 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

Bentley Heritage Collection.

New GrandBENTLEYの情報が徐々に出てきているようだ。
インフルエンサー・マーケティングというかティザー広告というか、最近はやりのやりかただろう。

c0128818_3223979.jpg


Webも伝統を踏襲するイメージを全面に出しており、R-RからVWにオーナーが代わったことをもはや遠い過去のことにしようとしてる。
今度のモデルはVWが引き継いだBENTLEYの真価を試される車なのだろうから・・・

c0128818_3224960.jpg


その時代の最先端、航空技術をアピールしている。

c0128818_323263.jpg


このイメージスケッチは、Continental系のものだろうが、Grandbentleyはアルナージのデザインを色濃く残すようになるのではないだろうか。
そのメカニズムは未知数だが最新のテクノロジーを盛り込むと予想する。

c0128818_3231051.jpg


ボディはプレスラインの効いたリアクォーターをshot。
トランクの端及びフェンダーに強いプレスラインがあることから、ブリスターフェンダーのようなニュアンスになるのだろうか・・・

c0128818_3231996.jpg


フロントフェンダーアーチ周辺は、Continental系に似ている。
しかしエンジンフードの造形はあきらかにアルナージの系譜であることを主張している。

c0128818_3232761.jpg


フロントグリルは切り立っておりそれほど大きくはない、メッシュデザインは普遍のアイコンとしてアイディンティを確立している。

c0128818_3233419.jpg


Flying Bがこれほど似合う車は無いと誰もが納得するデザイン。

  by pp5396 | 2009-07-10 03:24 | BENTLEY | Trackback | Comments(0)

Ref.3939H

PATEK社がリリースする、手巻きミニッツリピータートゥールビヨンクロノメーター。

c0128818_0101758.jpg


c0128818_0111236.jpg


カタログに記載された情報によればカセドラルゴングではないようだ。

もちろん価格はPrice on request。

デビューした数年前は3,000万円アンダーだったと思うが、現在では5,000万円近辺だろうか・・・

c0128818_0112635.jpg


ホワイトエナメルダイアルにブレゲハンド、アップライドブレゲインデックスと古典的な魅力満載のこの時計の直径はわずか33.3mmにすぎない。

大型化が進んだ現在のリストウォッチにおいてあまりに小型だがその存在感は図抜けている。

ジュネーブの本店サロンでもこのモデルは受注生産なので置いていないと断られたが、数年前のADイベントではプラチナ製の実物を見ることが出来た。しかもイベント中にSoldになったというから驚いたものだ。

ムーブメントはcal.R TO 27 PSを搭載。

c0128818_005979.jpg


手巻き式の非常に優れた設計のムーブメントである。
トゥールビヨンを搭載しながらスイス公式クロノメーター試験(C.O.S.C.)証明書を取得しているのは驚嘆に値する。

トゥールビヨンはメーカーの技術力を誇示するために搭載されることが多いが、最近ではトゥールビヨンユニットを販売する専業メーカーも出てきており、珍しいものではなくなった。
また、カルーセルとの区別も曖昧なことが多い。

しかも本来トゥールビヨンは懐中時計のように姿勢がほぼ固定されている時計の精度向上のために考えられたものであり、リストウォッチには精度向上の方法として疑問があるといわざるを得ない。

にも関わらず、PATEKはRef.3939H、Ref.5016、Ref.5002スカイムーントゥールビヨンなど、メーカーの威信をかけてハイエンドモデルにこの2つのトピックを両立させている。

ちなみに上記3モデルの中でRef.5002スカイムーントゥールビヨンだけはカセドラルゴング搭載となっている。
これはcal.R TO 27 PSの直径が28mmなのに対して、スカイムーンが搭載するcal.R TO 27 QR SID LU CLの直径が38mmありゴングのスペースが確保できたためで、トップモデルとして矜持だろう。

c0128818_065425.jpg


2つのポリッシュされたゴングが知らせる刻はオーナーに何をもたらすのだろうか・・・

  by pp5396 | 2009-07-10 00:12 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

Ref.5078

パテックフィリップのシンプルなミニッツリピーターモデル。

2本の“カセドラル・ゴング”を搭載し、リストウォッチとしては飛び抜けた音響水準を持つ。

それでも同社の最高責任者フィリップ・スターン氏の耳にかなう個体は少ないという。

サファイヤクリスタル・バックと通常のケースバックが共に付属し、直径38mmと使いやすいサイズ。

c0128818_1810513.jpg


ダイヤルはエナメル製で抜群の質感。ブラックダイヤルモデルも存在するが残念ながらこちらのダイアルはラック製となっている。

c0128818_1811380.jpg


エナメル製の特徴としてスモールセコンドは別部品で構成されている。

c0128818_18111461.jpg


ムーブメントはCal. R 27 PSを搭載。

c0128818_18112151.jpg


かつてジュネーブの本店サロンで同じムーブメントを搭載するRef.5079を手に取りリピーターを動作させてみたことがあるが、素晴らしいチャイムだったことを思い出す。

c0128818_18175482.gif

  by pp5396 | 2009-07-08 18:18 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(3)

BENTLEY Azure

メゾンエルメスにはBENTLEYが似合う。

c0128818_14322018.jpg


しかもオープンならなおさらだ・・・

上品なネイビーのボディーは車名にもマッチして優雅に街角に佇んでいた。

c0128818_14393313.jpg


一度は、車名にちなんでコートダジュールの海岸沿いを走ってみたい。

紺碧海岸と戯れるAzure・・・

c0128818_1440371.jpg


イタリア半島を越えて、アドリア海を望むリゾート地、リミニもAzureに素晴らしく似合う。

ミサノサーキットも近く、サンマリノ共和国への玄関でもあるこの街に思いを馳せた。

  by pp5396 | 2009-07-08 14:44 | BENTLEY | Trackback | Comments(0)

Ref.5131 Cloisonne Agein

なかなかデリバリーされたという話を聞かないワールドタイム クロワゾネ。

c0128818_5183254.jpg


こうしてみるとRef.5131のバリエーションはコレクティブ。

c0128818_51841100.jpg


非常に精緻な仕上がりのクロワゾネだが、アジア(とくに日本)はほとんど無視された状態。

c0128818_5185147.jpg


個人的にはホワイトよりもイエローゴールドがクロワゾネとマッチングがいいように感じる・・・

c0128818_5185928.jpg

  by pp5396 | 2009-07-08 05:21 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

Ref.5131 Cloisonne

パテック社のワールドタイムモデル、Ref.5131が発表されて久しいが、このクロワゾネモデルは非常に希少だ。

c0128818_34658.jpg


クロワゾネとはべースメタルの上に金属の仕切線(クロワゾンという)を鑞付けし、輪郭線としてデザインを描く。
仕切られた中に、各色のエナメルを流し込み意匠を完成させる技法で、日本の有線七宝とほぼ同義である。

c0128818_3461351.jpg


ベゼルに彫られたPATEKPHILIPPEの存在とその字体、各都市名の字体、賛否両論のあるデザインだが時間と共に評価されていくのだろうか・・・

c0128818_3462061.jpg


こちらはVintageのクロワゾネ。技術の進歩すなわち価値の向上とならないところがVintage PATEKは面白い。

ルイ・コティエの考案したワールドタイムはいくつかタイプがあるが、そのなかでも限られた数のクロワゾネモデルが製作されている。

c0128818_3583865.jpg

  by pp5396 | 2009-07-07 04:01 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(2)

McLaren F1

自動車史上に燦然と輝く金字塔、マクラーレンF1。

鬼才ゴードン・マーレーが設計したこの車は一切の妥協無く造られている。

c0128818_53915.jpg


ドアはバタフライ式となっており、独創的なスタイリングを誇る。
エクステリアデザインはピーター・スティーヴンスが担当した。

c0128818_53585.jpg


座席はセンターにドライバー、両サイドにパッセンジャーの3名が定員である。

c0128818_543693.jpg


エンジンルームは放熱効果を高めるため、純金が張られている。

c0128818_551077.jpg


競技用の限定車、McLaren F1 GT-R。

McLaren F1は現代までに造られた車のなかでもっとも速い車と言われ、数字の上のスペックではブガッティ・ヴェイロンやサリーンなどに抜かれたが、実際のポテンシャルは優るとも劣らないと言われている。

但し、BMWモータースポーツGmbh社製の627bhpを誇るエンジン出力をコントロールするのは、ドライバーの技量のみで、ローンチコントロールやABSなどの安全制御装置はまったく備えられていない。

現在でもUSEDカーは入手可能だが、譲渡の際にはマクラーレン社の承認及び完璧なメンテナンスを要求されるため、オーナーとなるハードルはとてつもなく高いと言われている。

  by pp5396 | 2009-07-05 05:14 | Others CARS | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE