<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

Aquanaut Ref.5065/1A&1J

モダンPATEKの中で、異色のラインナップ・・・Aquanautという存在。

一説にはPATEK PHILIPE社の前社長、フィリップ・スターン氏がレマン湖のヨットセーリングの時に使用しようと製品化したとも言われる。

シンプルでありながら、凝った造形のケースは言うまでもなくNautilusの系譜。

c0128818_10305667.jpg


ファーストピースたるRef.5066は名品であったが、現代ではやや小さい印象を与える。
わずかな時を経てリリースされた、Ref.5065は手頃なサイズと抜群の装着感によって普段使いのPATEK PHILIPPEとして絶大な支持を受けることとなった。

中でもメタルのブレスレットを組み合わせた仕様は評価が高く、製造中止になった現在も探し求める声が絶えない。

c0128818_10383816.jpg


厳密にはラバーストラップ仕様の物の型番はRef.5065Aとなり、ブレスレット仕様のRef.5065/1Aと異なる。
当初メーカーではブレスレットの単体販売は行わないとアナウンスしていたが、どのような事情か近年では購入が可能とも聞かれる。

c0128818_10392313.jpg


いずれにしてもRef.5065は今後も一定の評価を受けることになるだろう。

さらに密かに製造されたRef.5065/1Jはあまり知られていないモデルだ。

1997年頃から数年間のみラインナップされたYellow Gold製のアクアノートである。
造形はRef.5065/1Aと全く同じとなっているが、そのエクスクルーシヴな素材から、与える印象はまったく異なる。

LuxuryとSportsが共存した佇まいは、何者にも代え難い価値を秘めている。
加えて、アクアノートというネーミングらしく120m防水機能を備え、ラバーストラップにも交換が可能と、日常やリゾートあらゆる局面にふさわしいタイムピースといえるだろう。

ステンレスモデル同様、非常に複雑な造形のメタルブレスレットはリンクがピンによる打ち込みとなっていて実に精密な動作をする。
調整駒はネジ式のピンで接続されているがネジの頭がアール状に研磨されているなどその造り込みに驚かされる。

面白いことに、ステンレスモデルとゴールドモデルではわずかな違いがある。
ケースの造形はほぼ共通だが、ブレスレットの構造を比べると、3列あるメタルブレスの両サイドは完全に無垢素材だが、中心列に限ってはイエローゴールドモデルは中空構造となっている。
ただし、精密切削によるもので、板材のプレス加工などではないため質感は損なわれていない。

c0128818_1033341.jpg


c0128818_1033511.jpg


また、駒を調整するネジ式のピンの太さが明らかに違い、ゴールドモデルの方が細くなっている。
当然ねじ穴も小さく、使用する工具のサイズも変わってくる。
個人的にはトルクのかけにくいゴールドを太く造ってほしいと思うが、おそらく担当工房ラインの違いで、意図したものではないのかもしれない。

c0128818_10341826.jpg


あるいは他モデルと加工精度の兼ね合いの可能性もある。Ref.5065/1Jの生産個数の少なさを考えればやむを得ないだろう。

c0128818_10343846.jpg


エントリーモデルでありながら、ヘアライン仕上げを少なくし鏡面ポリッシュを多用する一見矛盾した仕上げと、同様にSolid Goldのモデルを用意するという心憎い演出がPATEK PHILIPPEらしいと思うのは筆者だけだろうか・・・

  by pp5396 | 2010-12-30 10:41 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(5)

2526YG×2526RG×2526PT

大阪のVintage PATEK PHILIPPEコレクターであり、Ref.2526に魅了されたブログ飽商909の"ナローな"時計部屋を書かれているone_after909さんと大阪某所での会食がありました。

素晴らしいお食事をセッティング頂いたにもかかわらず、持ち寄ったVintage PATEK PHILIPPEの魅力の前に、料理の写真を撮るのを失念しました。とても美味しいお食事だっただけに画像が一枚もなかったことが悔やまれます。

さて、one_after909さんがお持ちのRef.2526YGはあまりに特別なコンディション及び付属品を纏って現れました。

いわゆる"D TYPE"のオリジナルブレスレットが付属し、Certificate of OriginならびにExtract from the Archives、貴重な小冊子(こちらも新品コンディション)、BOXがセットになっているというスーパーコンディションWatch・・・

c0128818_2585318.jpg

Gay Frères社製のブレスレットが付属したパーフェクトコンディションの個体。

c0128818_2591265.jpg

独特lの美しさをそのままに、後期型に特徴的な仕上げとなっているDialは非常に平滑に仕上げられている。まさにRef.2526のアイコンといえる。

c0128818_2592219.jpg

ケースバック、ラグ裏、ブレスレットの裏側にいたるまで素晴らしい仕上げが残っている。
また両側に足のついたバネ棒も状態が素晴らしく、貴重な存在です。

c0128818_2594852.jpg

PPクラウンは摩耗が全く見られない。梨地の部分は再仕上げが難しいためコンディションをはかるポイントとなっている。

c0128818_30211.jpg

Gay Frèresは見事な造形をこの時計に与えている。ヘアライン仕上げはおそらくオリジナル。"PP"の意匠はCrownをまるで切り取ったかのような立体感を持っている。

c0128818_301366.jpg

ブレスレットのパーツは手が切れそうなほどエッジが研ぎ澄まされ、コンディションの良さを物語っている。

Luxurydays.を象徴するような光景・・・
c0128818_3145337.jpg


それぞれに違うイメージを纏ったLuxury Watches、50年以上も前にこれ程人の心を魅了する時計が造られた奇跡に感謝したい。

c0128818_3182057.jpg

さまざまな角度から3本のRef.2526を見つめると、生産年や素材によってディティールが異なることがわかる。

c0128818_318367.jpg

これにWhite Goldが手に入れば完璧なラインナップとなるが、製造個数はおおよそ30個と推定されているだけに入手は困難だろう。

c0128818_3282585.jpg

Ref.2526のディティールはどの角度から眺めても破綻することなく美しい。

c0128818_3285999.jpg

わずか4、5年の製造年の違いにより、ベゼルの高さ、ラグの造形などが明らかに異なることがわかる。

c0128818_3291592.jpg

見飽きることのない至宝を前に瞬く間に時間が過ぎ、夜は更けていった。

  by pp5396 | 2010-12-30 03:33 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

Patek Philippe Ref. 2526 Platinum Diamond Indexes

著名なオークションハウスであるChristie'sの推計によれば、約50本が製造されたに過ぎないRef.2526のPlutinumモデル。

c0128818_17342945.jpg


c0128818_17344565.jpg


Jun 14th, 2007にNew Yorkで開催されたAntiquorum AuctionsのImportant Collectors’ Wristwatches,Pocket Watches & ClocksではUSD134,650(including buyer's premium)という素晴らしいResultsを叩き出した。

Enamel Dialを持つ個体は10本程度といわれ、それらを除けば30数本しか製造されなかったという事実、現存するPicec は確実に減少していくという事実の前には当然のことかもしれない。

非常にノーブルなイメージを纏うこのRare Picecをコレクションするのはどんな人物か・・・

Gay Frères社による瀟洒なbraceletが付属していることも価値を高めている。

このbraceletには素材とともにA, B, C, D, E, F, G, HおよびK Typeと9つのバリエーションがあることが知られている。

A、DおよびG Typeは比較的流通量があるが、その他のTypeについては特定がなされているとは言い難い状況となっている。

c0128818_17422879.jpg


c0128818_17423942.jpg

  by pp5396 | 2010-12-10 17:41 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(4)

Patek Philippe REF. 3428 with enamel dial, original certificate, sales tag, box and case opener

Ref.2526の進化形たるRef.3428、そのディティールは孤高の域に達していると評する専門家は少なくない。

1963年製造のこの個体は、きわめて珍しい、Plutinum製のケースとEnamelのDialを備えている。
しかもほとんど未使用の状態で、Certificate of OriginばかりかBOXも付属している。

特筆すべきは、新品当時のタグやケースバックに張られたシールも残っている。
またユーザーがほとんど目にすることのない、ケースオープナーも付属しているという念の入れよう。

c0128818_1723123.jpg


12 November 2007 に Geneva のFour Seasons Hotel des Bergues で開催されたChristie's主催のオークションで落札されたこのRare Pieceはなんと、CHF385,000(including buyer's premium)の値がつけられた。
まさに3針のシンプルなモデルとしては歴史に残るResultsである。

  by pp5396 | 2010-12-10 17:10 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE