<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

Ref.96 Stainless Steel

Luxurydays.サイトのSTOCK ITEMにRef.96 Steelをアップしました。

ソリッドなテイストのディティールをご紹介しましょう。

c0128818_13102514.jpg

フラットなスティール製のインデックスが印象的で、そのエッジは鋭く硬質な造形です。
スモールセコンドハンドがホワイトゴールド製となっているためか非常にノーブルな表情をしています。

c0128818_13103941.jpg

バネ棒、バックルに至るまでステンレススティール製となり、かっちりとしたある意味男らしい時計です。

c0128818_13105232.jpg

ケースバックも美しく、がっしりしたラグが存在感を放っています。

c0128818_1311379.jpg

ケースは過去に多少の仕上げはされていますが、ソリッドなテイストは失っておらずクラウンの造形も確かで金属の固まりを感じさせるsteel watchです。

c0128818_1311977.jpg

珍しいVINTAGEテイストのバンブーブレスを装着することが可能です。
ゲイフレアー社製のこのブレスは、汎用品ながらフィット管を介してセットされ、オリジナルの雰囲気を感じられます。(但し、フィット管のみ現行品です)

またこのタイプのブレスはフリーサイズとなっており、快適に時計を使用できるようになっています。

c0128818_13112212.jpg

ダイアルは乳白色がかったシルバーで、ロゴの立体感が美しくVINTAGEらしいテイストを味わえます。

60年以上前に製造されたとは思えない凛とした佇まいをもつRef.96 Steelですが,レザーストラップを装着すると驚くほどエレガントな時計になり、フォーマルな席でも抜群の存在感を感じさせるのではないでしょうか。

  by pp5396 | 2011-03-30 13:35 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

Ref.96 Steel and Gay Frères Bamboo Bracelet

北関東以北はまだまだ冷え込みが厳しいようですが、関東地方は日中暖かく過ごせる日が増えてきました。

しかし、桜の開花宣言もあったとはいえ、夜間は冷え込むこともあり寒の戻りがあるかもしれません。

一日の中でも寒暖の差が激しく体調を崩しがちですが、経済を停滞させないためにもがんばっていきたいと思います。

今日は、暖かな風に誘われてRef.96 Stainless Steelにゲイフレアー社製のバンブーブレスを装着してみました。

c0128818_10322757.jpg


少し鈍く光るSteelがVINTAGE PATEK PHILIPPEと絶妙にマッチします。
しゃりしゃりと軽快な肌触りも快適ですし、サイズに融通がきくというのもいいですね。

c0128818_1034396.jpg


このブレスレットは汎用品ですが、フィット管というパーツを介してガタつくこともなく、しっかりと装着できています。

Ref.96は基本的に貫通式のバネ棒を使用していますので、レザーストラップから交換するのも比較的簡単です。

後ほど、Ref.96 stainless steelのディティールをご紹介したいと思います。

  by pp5396 | 2011-03-29 10:41 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

VINTAGE CROWNS

以前ご紹介したPPクラウンとは別のヴィンテージクラウンを入手しました。

補修用の部品としてストックしています。

1950年代半ば以降のカラトラバクロスが入っているタイプです。

直径は約6mmあり、現代の時計と比べるとかなり大口径とえいます。

恐らく手巻きの操作がしやすいようにとの配慮でしょうか。
いわゆる用と景を両立させています。

c0128818_2253184.jpg


こちらはPPクラウンのディディールです。

c0128818_2261475.jpg


非常に凝ったディティールを持っており、クラウン側面とPPの意匠は鏡面仕上げ、PPの周囲は梨地の様な仕上げとなっています。

面白いのは、通常は円形となっているクラウンの線形が、PPの意匠にそって異形となっていることです。
しかし、手巻き操作はあまりし易いとはいえません。
これはPPクラウンがオートマチック用のディティールだからだと考えられます。
もしかすると、あえて巻き上げ操作をし難くすることでオートマティックとしての存在をアピールする意図があったのかもしれないと想像しています。

このようなところにもVINTAGEの魅力が詰まっているようにも感じられます。

  by pp5396 | 2011-03-27 22:12 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

Book on The Ref.1491

まだまだ余震が続いています。

東北はじめ被災地の皆さんはご苦労が続いていると推察しております。

個人的に地元団体や行政との連携で支援をさせて頂いていますが、やはり硬直した体制(法律)に阻まれることが多いと感じています。
しかし、同時に今までになく弾力的な運用がされている面もあるという印象です。
良くない面を探すよりも、そのなかで自分に出来ることを一つ一つやっていきたいと思っています。

さて、時計の話になりますが、海外のVINTAGE PATEK PHILIPPEの書籍を見ていたところ、Ref.1491を見つけました。

c0128818_142155.jpg

そのエレガントなスタイルとはうらはらに、手が切れそうなくらいエッジの立ったコンディションのクラウンが目を引きます。

ユニークな形状のカーリーラグが印象的なモデルです。
当時としても非常に個性的な造形だったのではないでしょうか。

c0128818_15455.jpg


美しいブルースチールのセンターセコンドに目を奪われますが、ブラックエナメルで描かれたミニッツマーカーとレターが印象的です。

ベゼルのシャープなラインはアンダー目な画像にあってもはっきりと確認できます。

  by pp5396 | 2011-03-23 01:08 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

地震

今回の地震は本当に恐ろしかったです。

皆様ご無事でいらっしゃいますか?

報道で知る被災地の状況は本当に残念で悲しいことです。

私自身は、人的被害はなかったものの建物の屋根がかなり破損しました。

とはいえ怪我などがないだけ幸運というべきで、東北や北海道の方々を思うと言葉も見つかりません。

昨日本日と建物の応急処置に追われました。

今後は少しでも被災地の方々のために出来ることはないかと考えていこうと思っています。

  by pp5396 | 2011-03-12 21:58 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(6)

Gay Frères BAMBOO BRACELET

春めいて来た季節に合わせ、Steelの時計にマッチする、Gay Frères社製のBAMBOO BRACELETを手に入れました。

c0128818_1251048.jpg


フリーサイズとも言える構造で、ゆるく使えるブレスレットです。

1930年代から1950年代初めまでよく見られる造りで軽快な装着感が特徴です。

Gay Frères社は現在でこそジュエラーとして活動していますが、かつてはスイスの有力ブランドに幅広くブレスレットをOEM提供していました。

c0128818_1283154.jpg


STEELINOXと刻印された質感は、やや鈍く光りヴィンテージの時計にマッチします。

アイコンとなっている鹿のマークが可愛いですね。

  by pp5396 | 2011-03-11 12:11 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

PP Crown White Gold

最近、希少なホワイトゴールド製のPPクラウンを入手しました。

c0128818_23222469.jpg


比較のためにプラチナ製のRef.2526と並べています。
形状は全く同じですが、わずかに色目が違うのがおわかりでしょうか。

たまたま未使用のパーツを入手出来たのですが、今後もコレクタブルなパーツを集めていきたいと考えています。

  by pp5396 | 2011-03-07 23:28 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

Antiquorum Virtual Preview 2011.3.10 NY

AntiquorumのNYオークションが3月10日に開催されます。

TimeZoneのPaul Boutrosにより出品LOTのVirtual Previewがアップされています。

その中でも気になるのは・・・

c0128818_1213244.jpg


Patek Philippe Perpetual Calendar, Ref. 3448

c0128818_12131028.jpg


3448は、1962年から1982年に書けて586個のみ製造されたました。

この個体は1977年製とのことですので、比較的後期のものになるでしょうか。

c0128818_12132994.jpg


若干使用感はありますが、素晴らしい存在感を持った時計です。

c0128818_1213372.jpg


c0128818_12134644.jpg


ムーンディスクのブルーが美しいです。

c0128818_12135638.jpg


c0128818_1214415.jpg


こちらは珍しい3450のブレスレットモデルですね。リファレンスは3450/1でした。
針だけがラディウム仕様となっていますね。

  by pp5396 | 2011-03-03 12:19 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE