<   2011年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

Ref.1491YG

以前販売した、Ref.1491が再入荷しましたので、商品撮影を行いました。

c0128818_12473417.jpg


コンディションに変化はなく、非常に良い状態です。

再入荷でもありますので、プライスは非常にお値打ちに設定させて頂いております。

詳しくは公式サイトのStock Itemをご覧下さいませ。

  by pp5396 | 2011-08-31 12:50 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

Only watch Japan Peview.

オンリーウォッチの日本プレビューのお誘いを頂きました。

c0128818_124331100.jpg


9月上旬に東京で行われるとのことですが、残念ながらその頃は買い付けに出ているため、参加できそうにありません。

PATEK PHILIPPE Ref.3939Aが来日するのであれば是非見たかったのですが・・・

本番のオークションはモナコのホテル エルミタージュで行われるとのことです。

ぜひ日本のコレクターの方々にスペシャルピースを手にして頂きたいと思います。

  by pp5396 | 2011-08-31 12:45 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

LEAFULL DARJEELING HOUSE.

友人が美味しい紅茶を送ってくれました。

ブレンドティーと清涼感のあるレモンフレーバーのアイスティーです。

c0128818_23363383.jpg


このティーハウスは、ダージリン専門店で銀座や二子玉川に出店しているLEAFULL DARJEELING HOUSEというお店です。

さっそく、水出しのフレーバーディを作っています。

c0128818_2338835.jpg


味見をしましたが、ほのかな薫りと甘みのある味わいが素晴らしく、本格的な抽出が楽しみです。
これで残暑も乗り切れそうです。
ありがとうございました。

  by pp5396 | 2011-08-23 23:42 | Usual Topics | Trackback | Comments(0)

Martin Huber & Alan Banbery

青山の商談ルームにはPATEK PHILIPPEについての名著といわれるMartin HuberとAlan Banberyの本を飾っています。

日本語版も所有していますがこちらは英語版です。(イタリア語、フランス語、ドイツ語も併記)

c0128818_11482593.jpg


現在では内容について誤記もあるという印象ですが、発行当時は情報も少なく、多くのコレクターが参考にしたという事実は素晴らしいものがあります。

c0128818_11483080.jpg


是非、商談ルームにお越しの際はご覧になって頂けたらと思います。

  by pp5396 | 2011-08-20 11:38 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

那覇空港

那覇空港に来ていますが関東の荒天の影響でかなりダイヤが乱れているようです。

どちらにせよ、フライトまで時間があるので腹ごしらえと思い、ラフテー定食と海ぶどうを頂きました。

c0128818_19473520.jpg


c0128818_19473841.jpg

これで沖縄出張も終わりかと思うと少しさみしい気持ちです。

  by pp5396 | 2011-08-19 19:46 | Travels | Trackback | Comments(0)

Quarter century.

昨夜から沖縄に来ています。

お客様からのご要望と、社用が重なったためにタイミング良く訪れることが出来ました。

T様には時計もお買い上げ頂き、誠にありがとうございました。

実に25年ぶりに見た那覇の街は、記憶と全く違っていました。

空港もコンパクトながら近代的になり、空港から市街地へは自動運転のモノレールが走っています。

以前は国際通りが繁華街の中心だったと記憶していましたが、現在は那覇新都心という新たな街が出現していました。

今日は早めに朝食をとり、午前中は外出し所用を済ませます。

c0128818_9534481.jpg


夕方の飛行機で東京に戻りたいと思っていましたが、ハイシーズンのためか予約は変更できず、キャンセル待ちの方も50人ほどいるとのことでしたので、当初予約の通り最終便で帰京することになりそうです。

今度は仕事ではなくてプライベートでゆっくり訪れてみたいと考えています。

  by pp5396 | 2011-08-19 09:54 | Travels | Trackback | Comments(0)

1990's Genuine Case.

1990年代に使われていた非常にコンディションの良いBOXを入手しました。

外箱も付属していて、まるで新品のようなコンディションです。

c0128818_012564.jpg


このタイプのケースは内部が劣化しやすく、よいコンディションの物を見かけることは極めて少なくなっています。

モダンクラシックとも言えるRef.3796のケースがやはり劣化により使えなくなっていましたので、丁度年代がマッチする組み合わせになりました。

この時計はメーカー保証書やブックレット、純正の保証書ケース、プラスティックダグまで付属していますので、これでコンプリートです。

c0128818_064521.jpg


ケースの内部は極めて綺麗な状態です。

c0128818_07748.jpg


メーカー保証書が付属します。

c0128818_0726100.jpg


ケースはコキズはありますが、一度も手が入っていないミントな状態です。プラスティックタグも付属します。

  by pp5396 | 2011-08-16 00:10 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(2)

PORSCHE 912 THE TARGA

昨日から大阪に来ていますが、飽商909の"ナローな"時計部屋のone_after909さんとお食事をご一緒する機会がありました。

待ち合わせに颯爽と現れたPORSCHE 912 THE TARGA!"betsey"嬢の登場です。
クラシカルなフォルムと脈動を感じさせるエンジンサウンドが痺れますね。

c0128818_5173651.jpg


無理を言って、助手席に乗せて頂き大阪の街を気持ちよくドライブすることができました。
加減速、ブレーキ、変速などの動作がすべてダイレクトで、車好きの心を揺さぶる魅力が溢れています。

その後ご予約頂いたレストランでゆっくりと食事をご一緒し、車や時計のお話だけでなく、イギリスでの暴動、為替などビジネスについても幅広く情報交換させて頂きました。

オープンキッチンが軽やかな印象のイタリアンダイニングです。
中年の(笑)我々は、体を気遣いアラカルトを数点オーダーしシェアして頂きました。

さわやかな夏らしいメニューに舌鼓を打ちながら、博識なone_after909さんと過ごす時間を楽しませて頂きました。

c0128818_5253812.jpg


その中でも盛り上がるのはやはり大好きな時計のお話です。

見せて頂いた1900年代の懐中をモデファイされた存在感たっぷりのモデル・・・
c0128818_527933.jpg

シースルーバックとなっており、往年の素晴らしいムーブメントを愛でることが出来るようになっていました。
c0128818_5275445.jpg


スネールと言われるカタツムリ型の調速機構が付いたこのムーブメントは、ダウンサイジングされ腕時計のムーブメントの礎となっていきます。

参考までにRef.96と一緒に並べて撮影しましたが、やはり大きさが際立ちますね。
クラシックなフェイスのためか、非常に落ち着いた印象を受けたお時計でした。

次にone_after909さんが取り出した時計は・・・

c0128818_5415094.jpg


夏の王様、PATEKPHILIPPE Ref.5065/1J アクアノート ゴールドモデルでした。

記念のリストショットも抜群のアピアランスです。

c0128818_5431955.jpg


製造年に約60年の差がある2つのブラックフェイスを持つゴールドウォッチは、まったく別の時計でありながら、どこか似た印象を感じます。

その後も楽しい時間を過ごさせて頂き、夏の夜の宴はお開きとなりました。

c0128818_5454440.jpg


走り去るNarrow TARGA を見送りながら、つくづくVintageの魅力を感じた夜でした。

  by pp5396 | 2011-08-14 05:53 | Travels | Trackback | Comments(0)

日が差し込むテーブルにて

日が差し込むテーブルに時計を置いたところ、なかなか綺麗な画像を撮影することが出来ました。

c0128818_15335873.jpg


何気なく撮った一枚だったので嬉しくなりました。

  by pp5396 | 2011-08-13 15:34 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

Ref.96 Steel Breguet × Ref.96 Platinum Diamonds

以前販売したRef.96 プラチナがメンテのため手許に来ているので、Ref.96 スティールのブレゲダイアルと写真を撮ってみました。

c0128818_1049293.jpg


双方ともケースコンディションは良好で、鋭いエッジが見られます。

c0128818_1103189.jpg


ダイアルもVintageらしく、年代により違いが見られ1950年代製造のプラチナはクリームがかった色調をしているのに対し、1940年代に製造されたのスティール ブレゲダイアルはシルバー調のベースとなっています。

c0128818_1161963.jpg

  by pp5396 | 2011-08-12 11:09 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE