<   2012年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

Ref.96 1970's.

一般にRef.96は1935年頃から1968年まで製造されたと言われています。
1935年以前にもリファレンスこそ与えられていませんが、アーリー96として存在しています。

しかし実はに1968年以降にも製造されたRef.96があったことをご存じでしょうか。
c0128818_18355056.jpg


1970年代に入り時計のトレンドはより大きく薄型へ移り変わっていく中で、それまで長い歴史があった96に対する顧客の要望が根強かったことは想像に難くありません。

一説にはストックムーブメントやパーツを使い、少数が製造されたといわれています。
グランドコンプリケーションはともかく、ベーシックモデルのダイアルがすでに大半プリント仕上げへと移行していく中で、96の伝統は守られ、ブラックエナメルを使った象嵌といわれる仕上げがb施されています。

Vintageの名残ともいえる最後期の96はある意味非常に希少なモデルといえるのではないでしょうか。

  by pp5396 | 2012-02-26 07:32 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

Ref.3970EJ 2nd Leaf hands.

Luxurydays.サイトのStock ItemにリーフハンドのRef.3970をアップしました。
c0128818_22225487.jpg

このモデルはケース径が36mmですが素晴らしい存在感を持っています。

c0128818_22234290.jpg

美しいリーフハンドは時計のイメージを柔らかいものにしています。

  by pp5396 | 2012-02-25 05:10 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

Genuine Mahogany Box.

今日も箱のご紹介です(笑)

c0128818_1750615.jpg

15年ほど前までPATEKのコンプリケーションに付属していたマホガニー製のBoxです。
やや小型ですが、クオリティは素晴らしく重厚感に溢れています。
ヒンジもしっかりした造りで、ロックもカチッとかかります。

難点は内装のデリケートな皮が、理由は不明ですが劣化しやすいことです。
恐らく湿度に関係があるのではないかと推測していますが・・・
c0128818_17503183.jpg


このBoxは極めてコンディションが良く、殆ど新品のようです。
最近では入手が難しくなり高価ですが、やはりこの様なBoxに時計を納めると気持ちがいいですね。
マホガニーは現在ではワシントン条約で取引が規制されるほど希少な木材で、かつてはChippendaleなどが好んで使用していました。
余談ですが、Chippendaleの作品がオークションなどに出品されると見てみたくなります。
買えませんけど(T T)..

  by pp5396 | 2012-02-24 06:03 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

Ref.3970の分類に関する仮説

Luxurydays.サイトのTOPICS03に「Ref.3970の分類に関する仮説」の項をアップしました。

最新号のクロノスに掲載されていたコレクターの方達への取材でも、Ref.3970の存在は大きく語られていたように思います。
おそらく今後その評価は高くなる一方なのではないでしょうか。

  by pp5396 | 2012-02-23 18:44 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

Vintage watch case of wine color.

今日はクオリティの高いVintageの時計ケースをご紹介します。
おそらく1950年代のものだと思いますが、構造は比較的見かける黒いケース(こちらもコンディションの良いものは希少ですが)によく似ています。

c0128818_19245344.jpg

色はボルドーといっても良い濃いめのワインカラーとなっています。
c0128818_1925737.jpg

内装はシャンパンゴールドのような仕上げです。
もしかするとグレードの高い時計に使われていたのかもしれません。
c0128818_19252120.jpg

開閉するためのボタンもしっかりしたブラス製でカッチリとした操作感です。
c0128818_19253864.jpg

トップにはカラトラバクロスが金押しされています。

  by pp5396 | 2012-02-22 19:28 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

柚子塩ラーメン

今日は青山で商談のあと、恵比寿の阿夫利 AFURIで柚子塩ラーメン淡麗を頂きました。
c0128818_22202232.jpg

冷え切った身体が温まりました(>_<)

しかし、焙りコロチャーシュー丼は食べすぎだったかもしれません。
美味しいんですがね(^^;;

  by pp5396 | 2012-02-20 22:16 | Restaurant & Foods | Trackback | Comments(0)

ドリームウォッチマーケット in 代官山

代官山にオープンしたGARDEN GALLERYで開催されているドリームウォッチマーケットを覗いてきました。
c0128818_2043223.jpg


様々なお店が出店しており、時計ファンのお客様で賑わっていました。

旧山手通りを挟んで反対側にあるカフェ・ミケランジェロに来ると、この敷地には何が出来るのかと以前から思っていましたが、スペースを贅沢に使った複合商業施設になりましたね。

C.C.Cの社長さんらしき方も会場に見えていましたが、やはり時計ファンなのでしょうか・・・

  by pp5396 | 2012-02-17 06:38 | Usual Topics | Trackback | Comments(0)

Watch Case.

今日はPATEK PHILIPPEのウォッチケースをご紹介しましょう。
c0128818_16595095.jpg


旅行などに最適な2本入りのレザーケースです。
サイドはウッディなフレームが入りクオリティーも配慮されています。
c0128818_16595153.jpg

ブレスレットタイプの時計も安心して収納できます。
c0128818_16595190.jpg


やはりブレスの時計としてはRef.5065/1Aがお勧めです。
c0128818_1659524.jpg

こちらのお時計は本日、お買い上げを頂きました。
c0128818_16595279.jpg

今後も素晴らしいお時計をご紹介できるよう努力して参ります。

  by pp5396 | 2012-02-16 16:43 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(2)

Ref.5065/1A.

出張より無事に帰国しましたが、珍しく時差ボケ気味です。

one_after909さんのGENEVA SALONでのメモリアルなお買い物はご覧になった方も多いかと思います。
私はただ同行しただけなのですが、one_after909さんの人柄故か、SALON STAFFも素晴らしいホスピタリティで出迎えてくれました。

さて、one_after909さんがRef.5164トラベルタイムのご商談をされている間、私はGENEVA SALONを窓口にファクトリーに預けていた元祖アクアノート,Ref.5065/1Aを受け取っていました。
本当のオリジナルは5066だとのご意見はもっともですが、個人的にバランスや腕に乗せた時の収まりなどを総合的に判断して、5065が私のFavorite Watchとなっています。

運ばれてきた5065はOHとともに完璧な仕上げを施され、そのアピアランスはまさにAS NEWでした。
c0128818_17302340.jpg

c0128818_17304174.jpg

c0128818_17305799.jpg

c0128818_1731169.jpg

c0128818_17313170.jpg

c0128818_17314865.jpg

シャープなエッジと蕩けるような丸みが交錯するそのデザインは絶妙で、日常使いに最適なスポーツパテックだと思います。
この時計にはBox、オリジナルギャランティはもとより、保証書ケース、ブックレット、新品のトロピカルブレスなども付属しているまさにコンプリートなものです。

そういえば、時計誌クロノスの最新号にも5065を日常使いされるコレクターが登場されていました。
c0128818_17321577.jpg

やはりどのような立ち位置のコレクターにとっても、この時計の評価は揺るぎないものなのかもしれません。

尚、残念ながらこの個体は既に商談中となっております。ご容赦くださいませ。

  by pp5396 | 2012-02-14 17:44 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(2)

PATEK PHILIPPE GENEVA SALON.

今回の出張の最終地は強風吹きすさぶ極寒のGENEVAでしたが、そこで嬉しい邂逅がありました。

c0128818_1840927.jpg


著名ブロガーにしてPATEK PHILIPPEコレクター、そして友人でもあるone_after909さんとGENEVAで合流することができました。

あいにくと私の仕事が立て込んでいた関係でわずかな時間をご一緒させて頂くに留まりましたが、実に濃密なそして楽しい時間を共有することができました。

実はPATEK PHILIPPE GENEVA SALONにもご同道頂いたところ、いくつかのサプライズを経験することができたのです。
c0128818_18441323.jpg


そこで我々に(主にone_after909さんに)起きた出来事とは・・!?

また後ほど(^^)

  by pp5396 | 2012-02-11 18:47 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE