<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

青山で撮影がありました

今日は表参道のオフィスで撮影がありました。
いくつかの時計をご紹介します。
c0128818_2371661.jpg


Vintageのケースやノベルティ、クロスなどのアクセサリーも少し展示しています。

c0128818_239610.jpg


年度末のため少々慌ただしいのですが、4月は出張の予定を組みたいと考えています。

  by pp5396 | 2012-03-27 23:10 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(2)

サントリー美術館

今日は東京ミッドタウンで商談のあとにサントリー美術館で開催されている東洋陶磁のコレクションを見てきました。
c0128818_1322988.jpg

古陶磁の豊かな表情は、Vintage Watchにも通じるものがあります。

もっともRef.2526のダイアルにニュウがあるとガッカリですが、古陶磁の場合は貫入が重要な要素ですから不思議です。
12世紀から16世紀のものが多く、造形や様式が変化して行く様子も楽しめました。

帰りには"とらやカフェ"で一息付き、抹茶の椀に日本を感じた一日でした。
c0128818_1322969.jpg

  by pp5396 | 2012-03-21 13:20 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

PATEK's Glove.

今日は青山で商談がありました。

こちらは繊細な時計を扱う時に使用する手袋です。
c0128818_19162798.jpg

サイズはMとLがありますが、私は手が大きいので、Lサイズを入手しています。

とはいえあまり使う機会は無いのですが、ゴールドブレスレットの時計などには必要かもしれませんね。

今日の表参道はすっかり春めいた天気で気持ちがよかったです。

このまま良い天気が続くと良いのですが、早くも週末は雨が降りそうですね(T_T)

  by pp5396 | 2012-03-15 20:25 | Trackback | Comments(2)

Ref.3800 Rose Gold.

パテックがリリースしたスポーツウォッチの先駆けであるノーチラスのセカンドモデルRef.3800のご紹介です。

肌寒いなかにも春の兆しが感じられる様になるとアウトドアに帯同できる時計が気になってきます。
c0128818_17441571.jpg

特にこの個体は僅か10個のみ限定で生産されたといわれる希少なローズゴールド製となっています。

Ref.3800は初代モデルのRef.3700に続いて1982年頃からリリースされたモデルで、ケースサイズがやや小ぶりになり、センターセコンドが備えられたことで、非常にバランスが良いアピアランスを備えています。

3700ではルクルト製のムーブメントを搭載していましたが、3800では自社製のCal.335が使用されています。
このムーブメントは現行のCal.324に連なるCal.330、Cal.315のベースになった自動巻きキャリバーでジャイロマックステンプこそ備えていないものの、その基本構造は現在まで引き継がれています。

ダイアルはアントラサイト(落ち着いた光沢のグレー)に11ポイントのダイアモンドインデックスとなっていて極めてエクスクルーシブな印象を与えています。

  by pp5396 | 2012-03-13 15:52 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

Ark Hills.

今日は所用があり、赤坂のアークヒルズを訪れました。
c0128818_1355611.jpg

カラヤン広場に出てサントリーホールを正面から見ます。
既に風格のあるホールという気がします。

c0128818_13551113.jpg

この不思議なモニュメントは時計の部品にも思え、目に留まりました。
c0128818_13551466.jpg

ゼンマイのような、自動巻きのローターのような、実にソリッド感のあるモニュメントです。
本当はどの様な意図で制作されたのかいずれ調べてみたいと思います。

  by pp5396 | 2012-03-12 13:44 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

Our Farms.

この週末は寒かったり天気が悪かったりで、すっかり引きこもりになっていました。

まだ曇りがちで雨が降りそうな中、夕食の為の野菜を収穫してきました。

c0128818_17234778.jpg

小松菜は鍋やおひたしに欠かせません。

c0128818_17243148.jpg

水菜も鍋にするほか、生でサラダにしても甘みがありとても美味しいですね。

c0128818_17251810.jpg

ラディッシュはメインのつけ合わせの他、サラダに彩りを添えます。
名前の通りカブではなく大根の仲間で、ジアスターゼの効果で消化を助けます。

c0128818_17263121.jpg

サラダと言えばベビーリーフです。様々な葉物野菜の若葉ですが、甘みがあるものやわずかに苦みがあるものなど野菜の味を感じさせてくれます。

c0128818_17274322.jpg

これはフキノトウですが、すっかり開いてしまい食べるには遅すぎます。
天ぷらなどが一般的ですが、自家製味噌と蕗味噌にするとご飯が何杯でも入ってしまい危険です(>_<)
これらは完全無農薬、化成肥料不使用で栽培しています。
趣味の域は出ないのですが知人にわずかにお分けしたりしています。

すっかり何のブログが不明ですがたまには春らしい話題をと思い書いてみました。

  by pp5396 | 2012-03-11 17:32 | Restaurant & Foods | Trackback | Comments(0)

Curioso.

昨日は時計の納品があり、広尾のイタリアン"CURIOSO"さんにご招待頂きました。

長谷川シェフの産み出す料理はどれも魅力的で、まず空豆に白トリュフバターというスターターにノックアウト。蠱惑的な香りがたまりません。(残念ながら画像はなしです・・)

メインは三元豚バルサミコソースで素晴らしい焼き加減です。
c0128818_13211438.jpg


デザートはクレームブリュレを選びました。
c0128818_13214922.jpg

甘さは控えめで、コクときれのある一皿です。

その他のお料理の画像は取り忘れてしまいました・・(>_<);

いろいろと興味深いお話をお聞かせ頂いたF様、ご馳走様でしたm(_ _)m

  by pp5396 | 2012-03-07 13:28 | Restaurant & Foods | Trackback | Comments(0)

STEEL BOOK.

青山の商談ルームにSTEEL BOOKを展示しています。
c0128818_13393738.jpg

1冊在庫がございますのでご希望の方に販売致します。
Luxurydays.サイトのCONTACTページよりお問い合わせ下さい。
c0128818_13413636.jpg

いずれ入手が難しくなる書籍になるかもしれません。

  by pp5396 | 2012-03-04 13:42 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

Soupe aux truffes noires V.G.E.

今日は代官山のPaul Bocuseを訪れました。
c0128818_0121679.jpg


数あるメニューのなかでも1975年、フランスの料理人で初めてレジオンドヌールをうけた際にエリゼ宮の晩餐会で時の大統領に捧げられた逸品、"V.G.E.に捧げるトリュフのスープ"が印象的でした。
c0128818_012128.jpg

パイを懐石料理の椀もの(の蓋)に見立てた組み立ては日本食に大きな影響をうけ、ヌーベル・キュイジーヌの一翼を担ったボキューズらしい試みだとおもいます。

S先生、ご馳走様でしたm(_ _)m

  by pp5396 | 2012-03-03 00:00 | Restaurant & Foods | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE