<   2012年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

パルマからローマに

パルマを後にして、FrecciaBianca(白い矢)という名前の特急で一路ボローニャへ。
c0128818_9405581.jpg

ホームで電車を待っていると今は使われていないパルマの古い駅舎が見えました。
定刻に電車が発車すると車内で軽い食事を取り…
c0128818_94177.jpg

間もなくボローニャに到着します。
ここで乗り換えるのはFrecciargento(銀の矢)という名前の着いた都市間特急です。
乗り継ぎに30分程あるのですが、駅の外へ出る余裕はありません。
c0128818_9412592.jpg

ボローニャの駅はなかなか大きくて交通の要衝になっています。
電車はついで芸術の都フィレンツェに到着しました。
c0128818_9413333.jpg

ここからは進行方向が変わります。
私は殆ど乗り物酔いをしませんが、人によっては後ろに進むのは違和感があるかもしれません。
ボローニャから2時間ほどでローマテルミニ駅に到着しました、定刻より10分近く早いけど…まあこんなものかと納得。
c0128818_9413992.jpg

しかし、あいにくローマは結構な雨が振っていました。

  by pp5396 | 2012-09-30 20:25 | Travels | Trackback | Comments(0)

パルマショー 

今日はパルマショーに行ってみました。
c0128818_1143469.jpg

いくつかの時計ショップが出店していましたが殆どはモダンROLEXでした。

早々と切り上げ、他のパビリオンに並んでいたこちらを見学・・・
c0128818_1243189.jpg


c0128818_1218092.jpg


c0128818_12191283.jpg


c0128818_12225796.jpg


c0128818_12242185.jpg

パルマらしく?生ハムのカッターも売られていました。
誰が買うんでしょうね。

明日はまた移動日です。

  by pp5396 | 2012-09-30 12:26 | Travels | Trackback | Comments(0)

パルマに移動

ミラノの路上でまだ発売されて間もないVWのUp!を見ました。
c0128818_13135517.jpg

c0128818_13135977.jpg

かなり可愛いサイズですね。

ランチは軽くカプレーゼを頂き…
c0128818_1314120.jpg

ブーファラは濃厚で美味しいです。

足早にミラノセントラル駅へ移動。
c0128818_1314441.jpg

1時間あまり電車にゆられて到着したのは、イタリアの食都と言われるパルマです。
c0128818_1314779.jpg

パルマではアンティークショーが開催されていて視察に来たのでした。
さてさて、収穫はあるのでしょうか?

  by pp5396 | 2012-09-29 13:05 | Travels | Trackback | Comments(0)

ミラノに入りました

今朝は時差にめげず、早起きしてドゥオモ前を散歩しました。
c0128818_10325257.jpg

空が綺麗だったので露出を合わせて・・・
c0128818_10331475.jpg

そして改修工事が終わって足場が取れたドゥオモに露出を・・
美しく、絶大な存在感があります。

朝食前の僅かな散歩でしたが時差ボケも完全に解消できた気がしました。

9時過ぎから仕事に出かけ、気付くと19時を回っていました。
c0128818_1043146.jpg

しかし、あまり成果もなかったためか少々疲れ気味・・・

その後は仕事相手と食事に出かけてエネルギーをチャージしました。
c0128818_10433420.jpg

なかなかナイスなタネケース(笑)
c0128818_10443073.jpg

しかもリーズナブル、夕食で2人で60EURはお得です。
明日は午前中仕事をこなし、再び移動があります。

  by pp5396 | 2012-09-28 10:47 | Travels | Trackback | Comments(0)

ドイツに到着

先ほどミュンヘン空港に到着しました。
機内では半分以上寝ていたのであっというまでした。
c0128818_1172825.jpg

これから乗り継ぎなのですが1時間以上あるのでカフェで一休み。
c0128818_118563.jpg

こちらは日本と同じ位の気温で過ごしやすいです。

  by pp5396 | 2012-09-27 01:15 | Travels | Trackback | Comments(0)

出張に行って参ります

今日からEU方面に出張に出ます。
成田に来ていますが、普段は赤組にもかかわらず、今回は諸事情で青組…
c0128818_10285516.jpg

慣れていないためかバタバタとして落ち着きません。

話は変わって出発ロビーには新しいMクラスが展示してありました。
c0128818_10285673.jpg


飛行機の画像がなかったのでB787の模型を撮りましたが、実際に搭乗するのはB777です(T_T)

では行って参ります。

  by pp5396 | 2012-09-26 10:24 | Travels | Trackback | Comments(0)

Ref.3971E

Luxurydays.サイトのStock ItemにRef.3971Eをアップしました。

c0128818_1912848.jpg

3971Eは僅かな期間に製造されたコレクタブルなモデルです。
c0128818_19125666.jpg

美しいリーフハンドを持ち、クラシックなテイストですがモダンピースらしく日常生活防水となっています。
ハイエンドのモデルでありながら、おおよそ生活のすべてのシーンで使用できる、極めてフレキシブルな時計です。

  by pp5396 | 2012-09-25 19:15 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

New Astonmartin Vanquish.

先日、パレスホテルで開催された、ニュー・バンキッシュの発表会に友人が参加したとのことで画像を送ってくれました。
c0128818_1551020.jpg

先代に比べると洗練されたというか、ややおとなしい外観で、大人のクーペという感じです。

c0128818_15515393.jpg

なかなか強力そうなブレーキを装備しています。
c0128818_15523645.jpg

インテリアはモダンなテイストに感じられます。
c0128818_15532297.jpg

レザーの使い方はアストンらしいフィニッシュですね。

  by pp5396 | 2012-09-24 07:05 | Others CARS | Trackback | Comments(0)

Dバックル WG 14mm

今日はホワイトゴールド製のDバックルが入荷してきました。
c0128818_1821894.jpg

サイズは14mmとVintage PATEK PHILIPPEにも使用可能なサイズです。
c0128818_1821957.jpg

ユーズドですのでコキズはありますがなかなかのコンディションです。
c0128818_1822078.jpg

WG製の14mmサイズは比較的希少です。
ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。

  by pp5396 | 2012-09-22 17:58 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

文字盤裏の数字?

今日は手元にある文字盤の裏側の画像をご紹介します。
c0128818_16124293.jpg

ダイアル裏に刻印された番号のうち"93"はダイアルメーカーから見たPATEK社の割り当て番号だということは広く知られています。

しかしその他に、5桁の数字も刻印されています。
状態からするとメーカー番号と同時に打たれたようなのですが、この時計のケース番号やムーブメント番号とも符合しません。

c0128818_16162233.jpg

ちょっと見にくいですが、この文字盤にも11時と12時の間くらいの位置に"93"と刻印されています。
しかし、その他の5桁の番号はやはり不明です。

この2つの時計は1940年代の時計ですが、手元にある1960年代の時計はどうでしょうか。
c0128818_1619223.jpg

この文字盤では93と3466となっており、リファレンスが打たれていることがわかります。
c0128818_16211596.jpg

こちらの3417でもやはりリファレンスが打たれています。リファレンスの後の"C"も気になりますが、この時計の文字盤はいくつかのタイプが存在するのでその分類という可能性もあります。

推測になりますが、60年代になると生産管理が向上したために、文字盤にリファレンスを入れるようになったのではないでしょうか。
対して上記の40年代の時計はかなりレアなモデルですので、また違った管理がされていたのかもしれません。
丁度手元に1950年代の文字盤の画像がないので、今後OHなどで撮影する機会があれば調べてみたいと持っています。

  by pp5396 | 2012-09-19 16:24 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE