<   2016年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

今日は銀座へ

今日は蒸し暑かったですね。
学生時代の先輩とランチのため銀座・日比谷界隈へ…
c0128818_19382658.jpg

サッポロ銀座ビルは再建築がおわり新しい姿を見せています。
かつて一階にあった日産ギャラリーも再設されるようです。
c0128818_19382693.jpg

ランチはザ・ペニンシュラのヘイフンテラス(Hei fung Terrace)、一日一組だけ利用できるバルコン席で頂きました。
c0128818_19382615.jpg

デザートは季節の一品、メロンプリンをご馳走になりました。

  by pp5396 | 2016-06-29 19:23 | Restaurant & Foods | Trackback | Comments(0)

The Father's Day.

今日は父の日ですね。
c0128818_17165463.jpg

父のリクエストで、牛ヒレの塊を届けました。
解体して室温に馴染ませています。
いくつか夏野菜も添えて頂きましょう(^^)
c0128818_19064466.jpg

ガーリックのスライスで風味付けして…
c0128818_19064580.jpg

ミディアムレアに完成です。

  by pp5396 | 2016-06-19 17:12 | Restaurant & Foods | Trackback | Comments(0)

旅するLouis Vuitton.

間も無く閉幕するルイ・ヴィトンのイベントを見るため紀尾井町に行ってきました。
これまでのLouis Vuittonの歴史が余すことなく展示されていました。
c0128818_20544712.jpg

船旅の時代を表現した展示
c0128818_20544878.jpg

航空機の旅が始まる黎明期にもいち早く対応しています。
c0128818_20544840.jpg

鉄道の旅も展示されていました。
c0128818_20544812.jpg

参考資料として、江戸時代の挟み箱も展示しています。
漆塗りに蒔絵の技法で家紋が入れられています。
c0128818_20544955.jpg

板垣退助が所有していたトランク
c0128818_20544921.jpg

白洲次郎のトランクとランドリーバッグ
c0128818_20545032.jpg

現在もオーダー可能なトランクのシリーズ
c0128818_20545047.jpg

私も以前オーダーしたことがあり、家紋とイニシャルを入れてもらいました(^^)
c0128818_20545138.jpg

イニシャル
c0128818_20545100.jpg

家紋は「下がり藤」です。

かなり見ごたえのあるExhibitionでした。

  by pp5396 | 2016-06-18 20:38 | Usual Topics | Trackback | Comments(0)

Steel Watches.

すでに納品した時計もありますが、スティールウォッチが揃ったので撮影してみました。
c0128818_2239939.jpg

明日午後は商談のため表参道に行く予定です。

  by pp5396 | 2016-06-17 22:40 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

Ref.96 SC Steel Breguet Numerals.

非常にコンディションの良い96スティールのセンターセコンド ブレゲダイアルが入荷しました。
c0128818_4233414.jpg

Cal.12SCを搭載した個体は極めて珍しく、コレクタブルな時計です。
現在メンテナンス中のため手元に戻り次第WEBへアップします。

  by pp5396 | 2016-06-16 04:26 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

Just arrived Patagonia's clothes.

オーダーしておいたパタゴニアの夏服が届きました。
c0128818_20350841.jpg

Tシャツを数枚、素材違いで入手しました。
その他アンクル丈のソックス、ストレッチ系のパンツ、極薄のフーディーも入っていました。

  by pp5396 | 2016-06-15 04:29 | Usual Topics | Trackback | Comments(0)

Goodsをアップしました

GoodsのページにVintageのディスプレイミラーをアップしました。
c0128818_235631.jpg

高さは概ね35cm程度(ベースを含む)、角度を自由に変えられます。

1970年代後半から1980年代くらいのディスプレー専用品で、一般には販売されませんでした。
毎日時計を選ぶ方には使い勝手が良いかと思います。

鏡の部分は割れや曇りも見られませんが、年代を考えると多少の経年変化はご容赦ください。
フレームは上品なゴールドメッキが施され、マホガニーのベースと相まってシックな仕上がです。
このあたりの味わいはヴィンテージならではなのかも知れません。

  by pp5396 | 2016-06-14 04:23 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

PP Magazine Vol. Ⅳ No.1

Volume ⅣとなったPATEK PHILIPPE magazineが到着しました。
c0128818_16502816.jpg

5月にジュネーブサロンを訪れた時には既に見ることができたので、凡そ1ヶ月遅れで届いたことになります。
記事の一つにRef.5524Gが取り上げられています。
c0128818_16502919.jpg

2015年のBaselで発表されましたが、まだデリバリーされていないのでしょうか⁈
マーケットでは時々見かけるものの、サロンでは一部仕様変更があり、デリバリーが遅れていると言っていました。
マーケットにあるものは極初期ロットなのか、本来なら回収されるべきものなのか…真相はよくわかりません。あるいは仕様変更が完了してデリバリーが始まっているのかもしれません。

c0128818_16502995.jpg

実はこのモデル、私の周囲では概ね評判がよくありません(^^;;
何故ホワイトゴールドで造ったのか、Steelであるべきだ、径が大きすぎる、ミリタリー調でパテックらしくない、といった不満が聞こえてきます。

しかし、個人的には評価しているモデルです。
一見ブラックに見えるダークブルーを採用した文字盤、ただのArabicではなくドーフィン数字という懐中時計によく用いられたインデックスを採用しているところも好ましいです。
針の形状もクラシカルで、ブールスティールという点も評価できます。

大きすぎると言われる径は42mmですが、ミュージアムに所蔵されたオリジナルのパイロットウォッチのケース径は55mmほどもあります。

またダイヤルのシグネチャーのバランスが近年のモデルとしては非常に好ましく思われます。

冷間鍛造により造形されたケースはソリッド感たっぷりで、形状もオリジナルを参考に上手く纏めていますし、トラベルタイム用のプッシャーはVintage likeな形状です。
上記Magazineでティエリー・スターン社長は、このモデルの構想はたった半年で完了したと語っています。
これまでの伝統に囚われず、作りたいものを一気に纏めたエネルギーを感じずにはいられません。
限定でもなく、目新しい機能もないリファレンスですが、個人的にイチオシなモダンピースです。
もちろんSSやPTがラインナップされるとしたらより魅力的です(^^)

  by pp5396 | 2016-06-10 16:13 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(1)

Ref.1415J "Eurasia" cloisonné dial world time.

A stunning preserved condition cloisonné dial depicting "Eurasia" world time in ever seen.
c0128818_04362204.jpg

日本時間で本日早朝に行われたNY Sotheby'sオークションで落札された見事なクロワゾネダイアルのワールドタイム。
この時計は一言でいえば「世界チャンピオン」です(^^)
落札価格は600,000 USD+Premiumでした。

  by pp5396 | 2016-06-09 04:28 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(1)

We have been a Sushi restaurant after a long interval.

今日はお客様とランチにお鮨を頂きました。
久しぶりでとっても美味しかったです。
c0128818_21281382.jpg

他のお客様はお帰りでしたので白木のカウンターで時計を出させて頂きました。

  by pp5396 | 2016-06-08 21:31 | Restaurant & Foods | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE