理想の日常時計・・

夢の話ですが理想の日常時計はPATEK PHILIPPE Ref.3970です。

c0128818_1113228.jpg


何世代かある中でこのリーフハンドのものが一番気に入っています。

ここの所の手巻き系の高騰で手の届かない世界に行ってしまいましたね。

  # by pp5396 | 2007-10-09 01:16 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

あこがれ・・・

誰にでもあこがれの車という物があると思います。

決して現在では取り立てて高性能でもなく、コンフォートでもない。

しかし忘れられない車がある。

私にとってのそれは959です。

c0128818_1355361.jpg


複雑な4WD機構を持ちツインターボ、油圧による車高調整式のサスペンションはまさに夢の車でした。

c0128818_1371153.jpg


リヤからのグラマラスなラインもたまりませんね。

993Turbo Sはこの車のゴーストだったかもしれません。但し扱いやすさは別格に新しい方がよいらしいのですが・・・

c0128818_1383899.jpg

  # by pp5396 | 2007-10-01 01:39 | Others CARS | Trackback | Comments(0)

PATEK PILIPPE Ref.2526の内部

既に定評のあるRef.2526ですが内部に納められているムーブメントには数パターンあります。

まずPATEK最初のオートマティック 12-600ATです。

c0128818_15294961.jpg

これはテンプがジャイロマックになっていない最初期の物だと思われます。

次にジャイロマックスが搭載されたものでこれが殆どを占めるのではないでしょうか?

c0128818_1532578.jpg


モデル末期には12-600ATの後継機種である27-460を搭載された個体が1960年くらいから見られるようになります。製造は断続的に1967年くらいまで続いたとの情報もあります。

厳密にはデリバリーの関係で製造年月日と販売年月日は必ずしも一致しませんのではっきりしたことは言えません。

また1961年を過ぎるとこの最終型はRef.3428という別のリファレンスを与えられます。

ムーブメントの変更に伴ってケースが若干薄くなり焼成エナメルでない文字盤が付いていることもままあります。この時代になるとエナメルの文字盤はオフション扱いだったのでしょうか?

c0128818_091247.jpg

  # by pp5396 | 2007-08-01 15:36 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

ヴィンテージパテックとの出会い

「世界の腕時計」の前身「TIME SPEC」という雑誌がきっかけでWristWatchに夢中になってからすぐにPATEK PHILIPPEというメゾンに興味を持つようになりました。

c0128818_1282799.jpg


一部の時計誌では、ヴィンテージに重点が置かれて編集されていたこともあり、1930~1960年くらいのいわゆるVintage PATEK PHILIPPEに対して、情報収集に熱が入っていきました。

しばらくはいくつかの著名なVintage Watch SHOPに通いながら、勉強の日々が続きました。
Auctionのカタログを購読していたこともありました。

そこでPATEK PILIPPE Ref.2526と出会うことになります。

当時はRef.2526がYG、PGあわせて5本程も在庫があることも珍しくありませんでした。
現在では考えられない状況です。

手にとって感触を確かめるほどに、Vintage PATEK PHILIPPEへの情熱が高まっていくのを感じていました。

  # by pp5396 | 2007-08-01 01:29 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE