PATEK PHILIPPE Magazin Vol.Ⅲ No.1

パテックフィリップインターナショナルマガジン VolumeⅢ Number 1が届いた。

PATEK PHILIPPE Magazin Vol.Ⅲ No.1_c0128818_21264461.jpg


今回の内容で気になったことはムーブメントの説明に紙面を割いていることだ。

現行ムーブメントの一覧を示し、それらがVintageなどのオールドムーブメントの系譜であることうや、メンテナンスについても書かれている。

来るCal.29系やPPシールなど新たなプロダクツへの布石なのか・・・

PATEK PHILIPPE Magazin Vol.Ⅲ No.1_c0128818_2127881.jpg


Ref.2526に搭載されているCal.12-600ATやレクランギュラー用のCal.9-90など非常に美しい写真で表現されていた。

翻訳はほぼ前編を、時計記事翻訳の第一人者である小金井良夫さんが担当されていた。

この方は在ジュネーブの方で、ほとんどの有名時計誌で翻訳をおこなっているようだ。

在ジュネーブ日本国総領事館のHPにも名前が記載されているのでボランティアなどで関わっておられるのだろうか。

以前ジュネーブを訪れたときにお会いしたかったが、ご都合が合わず残念だったことを思い出す。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

  by pp5396 | 2009-11-14 21:27 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://luxurydays.exblog.jp/tb/12957208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< Porsche Panamer... Ref.7071 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE