PATEK PHILIPPE Ref.2526 Platinum

Vintage PATEK PHILIPPEコレクターに評価が高いRef.2526の中でも一際エクスクルーシヴな、Platinum Case Model...

PATEK PHILIPPE Ref.2526 Platinum_c0128818_21415424.jpg


柔らかな曲線で構成されたケースを持ち、スクリュー式のケースバック構造となっている。

PATEK PHILIPPE Ref.2526 Platinum_c0128818_21441047.jpg


非常に凝った造形の"PP"をデザインされたCrownを持ち、限られた顧客にデリバリーされたモデルであることがわかる。

PATEK PHILIPPE Ref.2526 Platinum_c0128818_2145174.jpg


一般にアイボリーに焼成されたエナメルダイアルを持つことで知られているが、White Gold仕様とPlatinum仕様はコンベンショナルなSilverd Dialを持つことが多い。

もしエナメルダイアルのホワイトゴールドケースやプラチナケースであれば、極めて貴重なOld Picecということになる。

Silverdダイアルは通常、Platinumの場合で12ポイントのDiamond Indexが、White Goldのケースでは4PointのDiamond Indexが配置される。

12時、3時、9時の位置には長方形のBaguette Diamondがセットされた固体が多く見られる。
Platinum Caseの場合、その他の正時位置にはラウンドカットのDiamondとなるようだ。

今回入手した固体は、Silverd Dialに12ポイントのDiamondsがセットされていた。

PATEK PHILIPPE Ref.2526 Platinum_c0128818_21462867.jpg


バブル状のベゼルを持つボリューミーなケースは、涼やかなプラチナ色を放ち、50年以上前に製造されたとは思えないほどエッジのしっかりしたコンディションは、製造個数50個と類推される貴重さと相まって、極めて静謐な印象を与える。

PATEK PHILIPPE Ref.2526 Platinum_c0128818_21481071.jpg


また上品なSilverd Dialはエナメル塗装のしっかり残ったパーフェクトコンシションでもあり、ノーブルさを際立たせている。

PATEK PHILIPPE Ref.2526 Platinum_c0128818_21494143.jpg


今回マリーン(深いネイビー)色のクロコダイルストラップを新調し、バックルもクラシックタイプの純正品を取り付けた。

PATEK PHILIPPE Ref.2526 Platinum_c0128818_21502040.jpg


カミーユ・フォルネ製のストラップは竹斑のしっかりした上質なもので、ステッチはサドルステッチという手縫いの技法で縫製されている。

バックルはアメリカ、ニューヨークのTHE HENRI STERN WATCH AGENCY,INCより入手したbrand-new...
これ程小さいパーツであるにもかかわらずPlatinumの品位を表す、PT950とホールマークが美しく刻印されていることに驚かされる。

PATEK PHILIPPE Ref.2526 Platinum_c0128818_21505847.jpg


プラチナ素材のバックルは、Buckle本体と、つく棒はPlatinum製だが、バネ棒はWhite Gold製となっているという。
PATEK PHILIPPE Ref.2526 Platinum_c0128818_21514015.jpg


おそらくPlatinumでは加工が困難なことからそのような仕様になっていると推察される。

PATEK PHILIPPE Ref.2526 Platinum_c0128818_21515942.jpg



これはストラップの取り付けに用いられるバネ棒についても同様のようだ。

PATEK PHILIPPE Ref.2526 Platinum_c0128818_21554231.jpg


風貌のコンディションも極めて良好で、美しいダイアルを余すことなく眺めることが出来る。

PATEK PHILIPPE Ref.2526 Platinum_c0128818_21594514.jpg


PATEK PHILIPPE Ref.2526 Platinum_c0128818_2202581.jpg


極めてコンディションのよい、当時の純正BOXが付属し、トータルクォリティーの素晴らしさを物語っている。

これまでオークションなどの市場に登場したPlatinum CaseのRef.2526は20から30個と言われているが、実物を手にとって見ることは極めて難しいと言える。

その中にあって、この個体はコンディションも良好で、極めてコレクタブルな個体と言えるのではないだろうか。

  by pp5396 | 2011-01-01 22:04 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://luxurydays.exblog.jp/tb/15701657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 天下御免@ALL at 2011-01-02 10:26 x
オールドプラチナの怪しげな独特な白い輝きが60年の時を経て、素晴らしい光線を放っており、プラチナの魅力満載ですねぇ。この色合いを見てると毎日が楽しくなります。

こちらこそ、機会がありましたら拝見させて頂きたいと存じます。
Commented by pp5396 at 2011-01-02 22:34
天下御免@ALLさん
プラチナには独特の温度・・・ヒンヤリとした感触があるような気がします。
特にVintage PicecのPlatinumには何か引き込まれるものを感じます。
よろしければ非公開コメントでメールアドレスをお知らせ頂ければ折り返しご連絡致します。
また、お書きのブログに同様の機能があればこちらから書き込みをさせて頂きます。

<< Ref.565 Luxurydays. >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE