Ref.565 in Hotel Okura TOKYO

旧知の友人と会食後、ホテルオークラ東京のロビーで歓談・・・

ゆっくりと柔らかな時間が流れていく・・

左腕には入手したばかりのPATEK PHILIPPE Ref.565YGが華やかな照明の輝きを受けて光っていた。
c0128818_0244534.jpg


コンディションのよいケースは、鏡面仕上げの上部と、ヘアライン処理されたケースサイドのコントラストが美しい。

大型のケースでありながら、腕になじむ装着感はVintageならでは計算された造形によるものだろうか・・・

マッシュルーム型のクラウンは大ぶりで、巻き上げを行い易いだけでなく、視覚的なアイコンとして主張している。

c0128818_0343523.jpg


スクリューバックケース故に重厚感にあふれたケースは、現代にあっても圧倒的な存在感を持っている。
美しいドルフィンハンドとインデックスはDial径の大きさとも相まって華やかな印象を残していた。
c0128818_046852.jpg

  by pp5396 | 2011-01-07 00:43 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://luxurydays.exblog.jp/tb/15727024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by googaa46 at 2011-01-07 21:24 x
これまた、素晴らしい565ですね。

ベゼル・ラグが一体となった565独特のデザインは、他モデルと違った印象を与えますが、この個体のようにsilvered dialがchampagne dialへと変化すると、その個性がワンランク上へと昇華するように感じるのは私だけでしょうか?

オリーブ色のストラップとの相性も抜群で、本当に素敵です。

Commented by pp5396 at 2011-01-08 00:07
googaa46さん
日本ではRef.565はそれほどメジャーではないですが、世界的には評価が高いですからコメント頂くとうれしいです。
やはりVintageをお好きな方のご意見は貴重です。
時計は、ストラップの色を変えるだけで全く違う顔を見せてくれますね。

<< Ref.565 Strap c... Ref.565 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE