OFFICER BUCKLE.

VINTAGEではありませんが、人気のあるバックルのタイプに、いわゆる"オフィサーバックル"というものがあります。

Ref.5015や150周年記念で製造されたRef.3960などに付属しているタイプで生産個数はそれほどではないものの、ビス式となっている造形が華やかでアメリカなどで人気があるバックルです。

c0128818_3232029.jpg


c0128818_3233682.jpg


c0128818_3235092.jpg


こちらはプラチナ製のオフィサーバックルで、コモンホールマークやナショナルホールマークが入れられています。

恐らく1980年代後半から製造されていると思われますが、非常に微細なビスを使用しインナーパイプ構造のピン、一見フラットながら繊細な形状を持つ本体と相まって重厚なモデルにマッチするバックルとなっています。

c0128818_3274663.jpg


c0128818_328534.jpg


こちらも同じオフィサーバックルですが、ローズゴールド製になるとずいぶんと柔らかい印象になります。

構造が複雑なため、高価になりがちなオフィサーバックルですが好みによりVINTAGE PATEK PHILIPPEに合わせることがあっていいのではないかと思います。

  by pp5396 | 2011-01-30 03:33 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : https://luxurydays.exblog.jp/tb/15840342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by corbusier-1887 at 2011-01-30 12:23
こういう風になってたんですね。
ウチのも見てみます。

バックル周りのビスって小さすぎて怖いですよね。
ビスの取り付け時に落として失くしちゃわないかとか、
強く締めすぎてネジ山を潰しちゃわないかとか。

現行ですと折りたたみバックルの取り付け部の根元に小さいネジがありますが、私、あれが結構怖いです。
Commented by pp5396 at 2011-01-30 12:50
現行の折りたたみバックルを取り外すには仰るとおり、かなり小さなビスを外す必要がありますね。

私も外した経験がありますが、ビスを外すことでストラップに通っているシャフトが抜けるような構造だったと記憶しています。

ビスの大きさに適合した精密ドライバーを使えば問題はないのですが、ご心配であればPPJやお付き合いのあるADでお願いした方が安心ですね。

本当に小さなビスですので外してからなくすリスクもあります。

一般的には推奨できませんが、ストラップの色を変えたりして楽しむときはADに行くのが面倒で自分でやっておりました。
Commented at 2011-02-06 21:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pp5396 at 2011-02-06 21:50
パテ太郎さま
はじめまして。
オフィサータイプバックルのオリジナルタイプでしょうか。
このバックルのモデルとなったであろう1920年代頃のバックルが確認されていますが、デザインのモチーフになっただろうと想像しているに過ぎません。

1900年~1930年位に製造された、いわゆるオリジナルのOFFICER WATCHに付属していたかどうかは不明です。
機会がありましたら調べてみたいと思います。
Commented at 2011-02-14 22:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pp5396 at 2011-02-15 00:05
鍵コメさま
その年代は、メーカーとしても過渡期だったと思いますが、それゆえユニークなピースが多い年代だとも言えます。

今後ともご興味を持っていただける記事をアップできるよう努力いたします。

<< Ref.3448 White ... AMERICAN BUCKLE. >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE