Ref.3448 White Gold

今日は少し珍しい時計をご紹介します。

1973年に製造された、automatic perpetual calendar moon phasesのRef.3448です。

c0128818_21511695.jpg


この時計の最も珍しい点は、ケースがホワイトゴールド製であるということです。

3448は1962年から製造され、1980年代初頭までにおおよそ600個弱が製造されたといわれていますが、その殆どはイエローゴールドケースのもので、推測になりますがホワイトゴールド製のものは20個に満たない程度で、多くても30本を超えることはないと考えています。

c0128818_2152785.jpg


大型のケースに、スラントした存在感のあるベゼルが見事です。対照的に小振りなラグは、ダイアルのデザインを一層引き立てているように見えます。

ホワイトゴールド製のインデックスとシャープなドルフィンハンドも美しく、希有なモデルだといえるでしょう。

c0128818_21551333.jpg


ムーンフェイズの深いブルーが存在感を放つダイアルは特別な顧客に向けて製造されたであろうことを思わせます。

c0128818_21581718.jpg

  by pp5396 | 2011-01-31 21:59 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : https://luxurydays.exblog.jp/tb/15849147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-01-31 22:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-02-01 19:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by googaa46 at 2011-02-01 19:56 x
こんにちは。
コンディションの素晴らしいref.3448ですね。

しかも、エナメルの分表示という初期モデルとは、またまたポイント高いです!

ヴィンテージと現行の過渡期の貴重なモデル・・・たまりません。(笑)
Commented by pp5396 at 2011-02-01 22:52
グランドコンプリケーションであるためか、1973年製造であっても円熟期の雰囲気が残っています。

ダイアルのクォリティは素晴らしいですね。

プラチナ製が2点製作されているようですので、一度見てみたいと思っています。

<< Ref. 2499 Third... OFFICER BUCKLE. >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE