NEW BENTLEY CONTINENTAL GT

2011年2月21日アークヒルズにて日本正式発表された、NEWベントレーコンチネンタル GT。

数日後CORNES青山ショールームで開催されたプライベートプレビューへうかがいました。

c0128818_4101513.jpg


日本に一台しかないという文字通りの第一号車が展示されています。(アンベールでは2台あったとのことですが、式典終了後すぐに本国に返送されたそうです)

美しいホワイトのボディーは、プレスラインが非常にシャープで、メッキモールも多用され非常に完成度の高い車として鎮座していました。
車両本体価格は¥24,150,000(消費税込)とアナウンスされています。

燈火類は、LEDが多用され洗練されています。

c0128818_412277.jpg


リアビューは比較的ディティールに変更があり、より存在感をアピールするデザインとなっています。

しかしかつて、これほどキープコンセプトを貫いたフルモデルチェンジがあったでしょうか。
事情を知らない方なら、マイナーチェンジと思ってしまうでしょう。

非常にマッシブな印象の新型は、ディメンションにそれほど大きな変化がないにもかかわらず旧型に比べてむしろ小さく見える気がします。
それだけデザインが完成されているということでしょう。

c0128818_4152381.jpg


前型に比べ、はっきりと強くプレスされたエンジンフードのセンターラインは、全体をシャープな印象にしています。
フロントスポイラーは下部がワイド化されたためか、存在感を増しています。
グリル面積も拡大し、アピアランス面では意見の分かれるところでしょうか。

エンジンフードの開閉は、グリル部分を残して行う形に変更になっています。

スーパーフォーミングで成形されたフロントフェンダーは精緻なラインを実現し、質感の向上に大きな役割を果たしているとの説明がありました。

ある程度のメンテナンス時にはフロントフェンダーを外すというコンセプトは継承されているようです。

c0128818_4162341.jpg


後ろに見えるのはスーパースポーツのコンバーチブルですが、比較すると新型のデザインが相当煮詰められているのがわかるでしょうか。

似て非なる物という言葉がぴったりの印象です。

個人的に印象的な変更点はフロントフェンダーのラインで、従来型ではホイールアーチに沿って下方向にフィニッシュしていましたが、新型ではグリル方向に内側に向かいフィニッシュするところが目を引きます。

この意匠の効果は抜群で、非常に精悍な印象を与えることに成功しているのではないでしょうか。

さらに細部のディティールの変更は多岐にわたり、質感や機能性の向上にはっきりとした効果が出ているように思えました。

c0128818_4224530.jpg


ホイールは前型より1インチアップして、標準が20インチ、オプションで21インチが選べるようです。
こちらはマリナーパッケージの21インチ仕様です。但しカーボンブレーキは選択されていませんでした。

c0128818_4225648.jpg


W12エンジンは、基本構成をそのままに、構成部品をブラッシュアップすることで、前型プラス15psを得て575psを発生します。

またエンジンをかけて頂いたところ、エンジンは原則として前型と相違はありませんが、メカニカルノイズがかなり低減されたようで、ジェントルなアイドリングとなっていました。

c0128818_42376.jpg


内装ではあらゆる面で品質の向上が図られ、手に触れる部分の完成度は相当高いと感じました。
この個体はマリナーパッケージに加え、様々なオプションが組み込まれています。

c0128818_4231868.jpg


サングラスケース(と想像します)とアシュトレイは思い切ったデザインです。
これらは前型にはなかった機能ですが、収納部分が少なかった前型からは歓迎される改善点でしょう。
アシュトレイについても簡単に取り外すことが可能で禁煙の方には収納部分を拡大できる点が評価されるのではないでしょうか。

c0128818_4232951.jpg


マリナーパッケージゆえ勿論質感は素晴らしいのですが、それを差し引いても内装の質感向上は殆どの方が実感できるでしょう。

c0128818_4233931.jpg


ナビゲーションは最も機能の向上を実感できる部分ではないでしょうか。
静電式(おそらく)のタッチパネルを採用し、ボタンを減らすなど操作性や性能を著しく向上させています。
アームレスト内には充電機能付きのナビゲーション専用リモコンが収納されています。
もう片側のアームスト内には携帯のケーブルが用意され、グローブボックスにはアイポット系のケーブルまで接続してあります。

c0128818_4235336.jpg


メーターナセルの造形は前型を踏襲しているものの、細部はまったく異なっておりデザイナーの熱意が感じられます。

c0128818_424530.jpg


センターに配される時計は引き続き、ブライトリングが採用されています。

c0128818_4241726.jpg


オーディはイギリスの名門、ネイムのシステムが組まれていました。
少しだけ音を出してみましたが、なかなかの音質だったと思います。

試乗することは出来ませんでしたが、トラクション比を40:60に変更し、サスペンション周りの構造も一新したという事実から、相当な走行性能の進化が予想されます。

いずれ可能になる試乗をセールススタッフと約束し、会場を後にしました。

  by pp5396 | 2011-02-27 05:13 | BENTLEY | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://luxurydays.exblog.jp/tb/15979879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-02-27 10:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pp5396 at 2011-03-01 02:07
鍵コメ様
こちらのお車はBENTLEYではエントリーモデルですが、モデルチェンジを経て再評価されるかどうかは注視しております。

再評価とはリアルベントレーとしての意味で、セールス的に成功するかどうかではありません。

私自身は2000年頃までに製造されたBENTLEYに興味が移っておりまして、CONTINENTAL GTは素晴らしい車だと思いますが、欲しいかと聞かれると返答に悩むと思います。

勿論おそらく来月には姿を現すフラッグシップにも興味があります。
こちらも実車を見ることが出来ましたら感想を書いてみたいと思います。

<< Nice condition ... Nice condition ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE