Ref.5015RG "Age of the moon"

今日は生産数の少ない初期のコンプリケーテッドウォッチRef.5015Rをご紹介します。
c0128818_12575937.jpg

5015は1994年からおおむね1999年までに大多数が製造されました。最終的には2002年までわずかな数量の製造が続いていたようです。
ローズゴールドの製造個数はおおよそ500個程度で、1年当たり平均60本あまりの製造数に過ぎません。
当時としても非常に希少なコンプリケーテッドウォッチでした。

ダイアルはアラビックインデックスが放射状に配され、スティール製のスペードハンドと相まって非常にエレガントな組合せとなっています。

ケース素材はローズゴールドの他、イエローゴールド、ホワイトゴールド、プラチナが製造されています。
月齢表示に特徴が有り、新月と満月に加えて目盛りを備えています。

ケースデザインは大粒のホブネイル(hobnails)をベゼルに配した精巧なオフィサーケースに、ヒンジ式ダストカバーを備え、カバーを開閉する感触や音まで調整されています。

ダストカバーの内側はサファイアグラスとなっており、特徴的なマイクロローターを備えるcal.240を鑑賞できます。
ローズゴールドの色味は柔らかなピンクで、カジュアルにもフォーマルにも使いやすいモデルです。

  by pp5396 | 2016-07-15 06:13 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://luxurydays.exblog.jp/tb/25791386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< Artisan-Chocola... Ref.96 Steel SC... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE