ヴィンテージパテックとの出会い

「世界の腕時計」の前身「TIME SPEC」という雑誌がきっかけでWristWatchに夢中になってからすぐにPATEK PHILIPPEというメゾンに興味を持つようになりました。

c0128818_1282799.jpg


一部の時計誌では、ヴィンテージに重点が置かれて編集されていたこともあり、1930~1960年くらいのいわゆるVintage PATEK PHILIPPEに対して、情報収集に熱が入っていきました。

しばらくはいくつかの著名なVintage Watch SHOPに通いながら、勉強の日々が続きました。
Auctionのカタログを購読していたこともありました。

そこでPATEK PILIPPE Ref.2526と出会うことになります。

当時はRef.2526がYG、PGあわせて5本程も在庫があることも珍しくありませんでした。
現在では考えられない状況です。

手にとって感触を確かめるほどに、Vintage PATEK PHILIPPEへの情熱が高まっていくのを感じていました。

  by pp5396 | 2007-08-01 01:29 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://luxurydays.exblog.jp/tb/6606626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< PATEK PILIPPE R...

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE