CH 27-70 in Ref.5070R

ヌーベルレマニアが供給するCH 27-70。

c0128818_2344643.jpg


現行キャリバーのなかではレバー類の造形美は群を抜いている。

c0128818_2352974.jpg


すべてのプレート、レバーは面取りされている。

c0128818_235484.jpg


プレートは原則としてコート・ド・ジュネーブ仕上げがなされている。

c0128818_2355856.jpg


スゥオッチグループに加わったヌーベルレマニアは原則同グループ内のブレゲにのみこのキャリバーを納品しているが、従前からの契約がありPATEK社にもわずかながら供給されているようだ。

その供給も2009年或いは2010年までともいわるこのキャリバー、本当に生産中止になってしまうのだろうか・・・

  # by pp5396 | 2009-06-30 02:42 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

Ref.5960 × Ref.3970

製造年代の違う二つのリファレンス。

スポーティーさ、カジュアルさとのイメージが濃いRef.5960に対して、エレガント、柔和なとのイメージを纏うRef.3970。

c0128818_3261245.jpg


なかでも、第2世代にあたる、リーフハンドを持つモデルは美しい。

素材はイエローゴールドとローズゴールドが製作されているが、こちらはイエローゴールドのモデル。

プラチナとホワイトゴールドのモデルはストレートハンドの仕様となっているようだ。

c0128818_3261869.jpg

  # by pp5396 | 2009-06-26 03:29 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

Power Beauty Soul from ASTON MARTIN DBS

アストン・マーティン赤坂ショールームにお邪魔しました。
出迎えてくれたスタッフは丁寧な対応とともにアストンの魅力をお話し頂き...

c0128818_317589.jpg


すてきなカタログも頂きました。

c0128818_318171.jpg


やはりフラッグシップであるDBSが気になります。
ドライバーズシートに座ってみましたが、たとえばBentleyコンチネンタルGTと比較してスペースはややタイトでしょうか。

少なくともリアシートは大人が座ることは難しそうです。

2+2とご理解くださいと、スタッフも説明してくれました。
リクライニングスペースでもあるため、2座のクーペよりは快適だということでしょう。

c0128818_3201756.jpg


c0128818_3211450.jpg


エンジンはV12 6リッターで517PSを絞り出し、最高速度は307km/h、トランスアクスル方式の駆動系を持ち、バランスに優れたボディディメンションを持っています。

007/慰めの報酬、カジノロワイヤルでは破壊されてしまったが、次作では登場するのでしょうか...

  # by pp5396 | 2009-06-26 03:24 | Aston Martin | Trackback | Comments(0)

Ref.5050P

PATEK社のパーペチュアルカレンダーモデル。

c0128818_3154479.jpg


現行のRef.5159につづく系譜は、前モデルであるRef.5059とも違ってコンベンショナル。

Ref.2526のニュアンスもあるカラトラバライクなケースにコンケーブベゼルを組み合わせている。

もっともカレンダー機構を納めるスペースの問題もあるようだ。

上記2モデルと違って、オフィサーケースではないためダストカバーもなくラグにビスもない。

ある意味シンプルの極みである。

ムーブメントはCal.315系を採用。Cal.240系を採用するRef.3940、Ref.5940とは違ったシンプルさがある。

生産期間が短いため、希少価値もありプラチナケースは特に珍しい。

  # by pp5396 | 2009-06-26 03:15 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

Bugatti Veyron Owner's Meeting

日本ではなかなか実現しそうにないイベント。

ブガッティ・ヴェイロンのオーナーズミーティング。

c0128818_23224874.jpg
c0128818_23225736.jpg
c0128818_23231147.jpg
c0128818_23232083.jpg
c0128818_23233080.jpg

  # by pp5396 | 2009-06-21 23:23 | Others CARS | Trackback | Comments(0)

Ref.5959P

So Exclusive!

c0128818_10113754.jpg
c0128818_10114551.jpg
c0128818_10115139.jpg


More そしてBLACK

  # by pp5396 | 2009-06-20 10:12 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

Salon Privé returns to Hurlingham Club

海外ではこんな社交界がある。

noblesse obligeの精神なのか・・・

c0128818_939341.jpg
c0128818_939890.jpg
c0128818_9391416.jpg
c0128818_9392017.jpg
c0128818_9392698.jpg
c0128818_9393363.jpg
c0128818_9393982.jpg
c0128818_9394444.jpg
c0128818_939502.jpg

  # by pp5396 | 2009-06-20 09:39 | BENTLEY | Trackback | Comments(0)

Ref.6265 DAYTONA

ロレックスがリリースした銘機、手巻きのデイトナ。

シルバーマットの文字盤がシックな雰囲気を醸し出している。

c0128818_0371966.jpg
c0128818_0373169.jpg
c0128818_0374675.jpg
c0128818_038115.jpg
c0128818_038116.jpg


ある意味完成されたデザインは、リリース後半世紀近くを経ても色あせることはない。

  # by pp5396 | 2009-06-20 00:39 | Others Watches | Trackback | Comments(0)

ROLLS-ROYCE Phantom VI

ロールズロイス社が生み出した世界の自動車の中でも頂点にたつ車。

c0128818_2401347.jpg


c0128818_2402349.jpg


Phantom VI は、1968年から1990年の間に「374台」だけ生産されたという。

この車は1987年製で、80年代に生産された33台の中の一台。

専門店によればこの車、驚くべき数奇な運命をたどってきたようである。

元は英国王室皇太后のためにオーダーされた個体なのだが、事情により納車前にキャンセルされたため英国内では販売できなくなった・・・

非正規ルートで日本に渡ってきたらしい。

c0128818_2403784.jpg


c0128818_2404594.jpg


c0128818_2405232.jpg


c0128818_2405981.jpg


こちらは現代のファントム、SWBである。

c0128818_2462987.jpg


EWS(エクステンデッドホイールベース)はこちら。ホイールベースが250mm長くなっている。

c0128818_2472471.jpg

  # by pp5396 | 2009-06-19 02:41 | Others CARS | Trackback | Comments(0)

Ref.2508 RoseGold

ハンドワインドの銘機、Ref.2508のローズゴールドモデルは極めて珍しい。

c0128818_059726.jpg


c0128818_05916100.jpg


c0128818_0592577.jpg


c0128818_0593334.jpg


c0128818_0594053.jpg

  # by pp5396 | 2009-06-18 01:00 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE