永久カレンダー Ref.3448

パテックが満を持して製作した、パーペチュアルカレンダームーンフェイズ、リファレンスは3448であるが、後期にはリープイヤー表示がつきRef.3450となった。
このリープイヤー表示にも数パターン有り、アラビア数字、ローマ数字などがある。

c0128818_22424527.jpg
c0128818_2243426.jpg


ムーブメントは、自動巻の傑作27-460をベースに永久カレンダー機構をモジュールした、Cal.27-460Qとなる。

c0128818_22433912.jpg


おそらくはPATEKの最大の市場であった北米を意識した大振りで押し出しの効くデザインは、当時としてはかなり大きい時計だったと思われるが、現在では普通に見えるから流行とは面白い。

  # by pp5396 | 2009-04-15 22:43 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

フレアード Ref.2442

パテックフィリップの傑作として必ず名前が挙がる「フレアード」

c0128818_22315748.jpg


このレキュタンギュラーには愛称が付いている。

英語圏では「BANANA」、日本では「耳たぶ」である。

c0128818_22322469.jpg
c0128818_22323673.jpg


どちらも一言でその愛らしい造形を表現した名コピーだろう。

c0128818_22331260.jpg


しかし、相当に貫禄のある人間でなければ、なかなか似合わない時計であるといえる。

ケースはおそらくローズゴールド、ムーブメントは傑作9-90を用いている。

  # by pp5396 | 2009-04-15 22:34 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

Basel World 2009  Ref.5970P

こちらはコレクターが待ちわびた、5970のプラチナケースです。

Ref.5971P程は気を遣わずに、腕になじみそうです。

以前アップしたブルーダイアルではなくブラックダイアルで登場です。

c0128818_18145464.jpg


精悍な表情と、プラチナの落ち着いた輝きが素晴らしいですね。

c0128818_1815257.jpg


ディティールもグランドコンプリケーションならではの造形です。

c0128818_18154965.jpg

  # by pp5396 | 2009-03-26 18:16 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

Basel World 2009  Ref.5167R

今年もついにバーゼルワールドが開幕です。

パテックからは様々なモデルが発表されましたね。

ちょっとした日常使い、華やかさも忘れない方に。

アクアノートのローズゴールドモデルです。

c0128818_18121872.jpg


ブレスモデルが出ないものでしょうか?

c0128818_18124091.jpg


ローズゴールドの優しい輝きが上品さを醸し出しています。

c0128818_1813587.jpg

  # by pp5396 | 2009-03-26 18:14 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

Cal.12-600AT

私の大好きなヴィンテージパテック、Ref.2526の心臓部。

c0128818_375893.jpg


2526にはNo.76000~が搭載されたと言われています。

こんなパーツ用のカタログも存在したようです。

c0128818_382956.jpg

  # by pp5396 | 2009-03-02 03:08 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

Vintage Patek Archive Data

ヴィンテージパテック知る上で貴重な資料があります。

有名なバンベリー氏の著です。
c0128818_323931.jpg


このRef.2526に憧れたものです。
c0128818_332654.jpg


イタリア語で出版された本です。
c0128818_341557.jpg


c0128818_342431.jpg

  # by pp5396 | 2009-03-02 03:05 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

DINO246 

エンツォの最愛の息子、アルフレディーノの名を冠した車。

c0128818_2502837.jpg


フェラーリの名を受け継ぐことはなかったけれど・・・

フェラリスタはみんなファミリーだと分かっています。

素晴らしいレストアを施されていました。

  # by pp5396 | 2009-03-02 02:50 | Others CARS | Trackback | Comments(0)

おもしろいサイト見つけました

PATEK好きにはたまらないこのサイト、面白いですね。

c0128818_1936698.jpg


所有した気になって操作してしまいました。

c0128818_19364538.jpg

  # by pp5396 | 2009-02-25 19:32 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

PATEK PHILIPPE Ref.3971

パテックのグランドコンプリケーションの一時代を築いたRef.3970

c0128818_45449100.jpg


永久カレンダークロノグラフとして約20年にわたり製造されました。

c0128818_456311.jpg


第1世代のモデル(スナップバックモデル)後期と第2世代前期の間にわずかに、Ref.3971というリファレンスが制作されています。
もちろん第1世代はスナップバックでシースルーバックという珍しいものです。
第2世代のモデルについても製造数は極めて少なく、コレクターズアイテムとなっています。

c0128818_4565739.jpg


第2世代の後期から(おそらくは1991年頃から)リファレンスは3970に統一され、シースルーバックと通常の裏蓋が同梱されているのに比べ、3971はシースルーバックの裏蓋のみとなります。

またこの世代はクラシックなダイヤルデザインにリーフハンドを採用していて、針の美しいカーブが見て取れます。

c0128818_4571741.jpg


ほとんどの方はシースルーバックを好むようですから人気のあるリファレンスと言えるでしょう。
加えて希少モデルでもありますから是非手に入れておきたいモデルです。

  # by pp5396 | 2009-02-21 04:57 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

噂のP

各著名ブログで噂ですね。

遅ればせながらですが・・・・

c0128818_4325082.jpg


かつてチャリティ用にラインオフされたとか・・

Ref.5970Pとでもいうのでしょうか。

ブルーのダイアルは爽やかで美しいです。

  # by pp5396 | 2009-02-21 04:33 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE