I had backache a week ago..

先週の日曜日、久しぶりにぎっくり腰になってしまい、2-3日動けなくなる羽目に…
お会いするはずだった方々、キャンセルさせて頂き申し訳ございませんでした🙇
I had backache a week ago.._c0128818_00244035.jpg
木曜日にはかなり回復し、金曜日には外出できるようになったのてPPJへバックルを入手しにお邪魔しました。
I had backache a week ago.._c0128818_00273855.jpg
WGのクラシックバックルとバネ棒で、合計10万円越え…パーツも値上がりしましたね。
I had backache a week ago.._c0128818_00270639.jpg
ブラウンカーフの生成りステッチ入りストラップを合わせ端正な佇まいに😊
I had backache a week ago.._c0128818_00274534.jpg
以前のグランジなストラップもかっこいいですが、色々なシーンへの合わせやすさはこちらかな、と思う次第です。
このref.3558GはWEBにアップされました。(2020.02.11追記)
Cal.27-460M搭載の知られざる名品です。

  # by pp5396 | 2020-02-09 05:22 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

It would be hard work for replace straps on an officer type case

ストラップ交換作業ですが、オフィサーケースの場合はラグのビスを外してバーを抜かなくてはならない為、やや難易度が上がります。
It would be hard work for replace straps on an officer type case_c0128818_20021975.jpg
レディースモデルのref.4860などはラグのビスが小さいので大変です。
It would be hard work for replace straps on an officer type case_c0128818_20022184.jpg
無事ボルドーの美しいストラップに交換することができました。

  # by pp5396 | 2020-01-31 05:01 | PATEK PHILIPPE | Trackback | Comments(0)

I’m working documentation of curation in OMOTESANDO

今日は表参道に来ています。
お客様にメンテナンスが済んだ時計のお渡しと、最近キュレーションを進めているワールドタイムの原稿チェックなどです。
I’m working documentation of curation in OMOTESANDO_c0128818_11520022.jpg
ストラップも新調し、オリジナルに合わせて玉符を選びました。
生成りのステッチを入れたのはアクセントですね。
I’m working documentation of curation in OMOTESANDO_c0128818_11520102.jpg
キュレーションはまだ第一弾の原稿が上がってきたばかりなのでこれから詰めていきます。

  # by pp5396 | 2020-01-29 11:50 | VINTAGE PATEK PHILIP | Trackback | Comments(0)

ジュネーブの顛末その3

オールド・ゴンドーロもいい感じです。
ジュネーブの顛末その3_c0128818_14101768.jpg
ブラックエナメルングは超絶技巧ですね。
ジュネーブの顛末その3_c0128818_14102655.jpg
バックルもかなり古い時代のものがついていました…もしかするとオリジナルかもしれません。
ジュネーブの顛末その3_c0128818_14103218.jpg
565 steelの夜光ダイアルも人気がありました。
この画像はブラックライトを照射しています。
ジュネーブの顛末その3_c0128818_14134575.jpg
インデックスはしっかりした厚みがありますが、これは他のメーカーではなかなか見られません。
ジュネーブの顛末その3_c0128818_14103748.jpg


  # by pp5396 | 2019-11-28 14:07 | Travels | Trackback | Comments(0)

ジュネーブの顛末その2

ジュネーブに到着した日は夜遅い時間でしたので早めに休んで、翌朝は駅まで歩き人参ジュースとクロワッサンを買い、スタバで朝食にしました。
しかし、これでも2,000円超と物価が高すぎます。
ホテルの朝食は5,000円以上の場所も普通にありますから節約しないといけません。
ジュネーブの顛末その2_c0128818_21043547.jpg
この像は駅近くのスタバの前に座っています。
ジュネーブの顛末その2_c0128818_21012418.jpg
天気はどんよりしていましたが、雨でなかったので助かりました。モンブラン大橋の上、通勤で渋滞する車両の向こうにSalonが見えます。
ジュネーブの顛末その2_c0128818_21012534.jpg
レマン湖もなんだか寒々しかったです。
ジュネーブの顛末その2_c0128818_21012936.jpg
こういったローカル線でオークション会場へ出かけていきます。
その際に、ホテルで貰える交通パスが役に立ちますね。
ジュネーブの顛末その2_c0128818_21044051.jpg
これは珍しいミニッツ・リピーターで1980年代のモデルです。
Ref.3652というモデルで46万CHFで落札されました。
ジュネーブの顛末その2_c0128818_21031802.jpg
真ん中と左の570は、オークションのlotで、なかなか良かったです。
かなり高くなりましたが友人が買っていました。
右の570Aは私の時計でしたが、やはり友人に買われてしまいました。
売却の予定は全然なかったのでかなり寂しいですね。
ジュネーブの顛末その2_c0128818_21032224.jpg
大人気のノーチラスの中でも特別中の特別、VIP VISIT向けに販売されたとされる5711Pです。
ジュネーブの顛末その2_c0128818_21063385.jpg
150周年記念のモデルのグランドコンプリケーションref.3974Jも複数本見ましたが、コンディションは…日本向けではなかったような…
ジュネーブの顛末その2_c0128818_21032135.jpg
このellipseは特別オーダーのものだと思いますが、何故か同じようなダイアルが2本出ており、どちらも人気でした。
ジュネーブの顛末その2_c0128818_21032629.jpg


  # by pp5396 | 2019-11-27 21:00 | Travels | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE